コンテンツへスキップ

COVID-19 (新型コロナウィルス感染)見えてきた日本の第一次の波と2次との違い 今回は死亡者の増加は見られない。

2020/07/31

下のグラフは日本の感染状況をそれぞれの累計で描いたものである。6月以前を第一次、それ以降を第2次と見ると顕著な違いは今回第2次では死亡者の増加が見られないことである。

第一次では感染確認から約18日遅れて死亡者の増加が、3-4週間で回復解放者が見られている。今回は7月に始まった確認感染者の増加にもかかわらず4週間たった今でも死亡者の増加は見られない。回復隔離解放者は感染確認から2週間後、ほぼ並行して始まっていることが見られる。

まだ前駆的な結果であり未知な要素が考えれ確ではないが、日本の医療対策の成功の経過であろう。

今回の感染確認者の増加が死亡者増加になっていない現状の重要さ、その原因の研究とその対策の継続を求めることこそ最も重要な情報であろう。

テレビメディアなど、視聴率本位ともいえる感染者確認者の前日比の増加が大きい時だけ、目立つタイトルをつけ同じニュースを流し続ける。

欧米諸国の真似をしてむやみにPCR検査だけを増やし感染者の統計を取っても、その医療体制を見ない、医療崩壊は政治の失敗というだけでは感染死亡者は防止できない。

テレビメディアの間違い: ぼんやり聞いていると分かりやすいだけ、根拠の無い尤もらしいコメントは視聴者の間違った認知バイアスを増加させるだけ。科学的な証拠に基づく理解と対策のみが効果を示すことを強調すべきである。

やっと認識され始めた日本のCOVID-19感染医療成果(新型コロナウィルス感染症) 際立って少ない死亡者数、欧米のニュースコピーから抜け出し独自の記事を書き始めたメディアの一例

2020/07/29

今朝の朝日新聞中部版。官憲の強制のないロックダウン、医療体制の崩壊殻守って適切な医療を施すことのできた日本。やっと欧米のニュースコピーから抜け出し独自の記事を書き始めたメディアといえよう。

下のグラフは私のブログからの延長、「オープンデータ」厚生労働省収録から描いたもの。医療加護を受けた入院、退院者数、死亡者数とCOVID-19感染確認者数の推移。確認感染者数と合計加療人数との間の隙間は入院待機者や確認の遅れなど医療を受けたかどうか不明者数と見られる。この結果は素晴らしい日本の感染防止・医療体制が維持できていることを証明している。最も、厚生労働省のデータベースが意図的なつじつま合わせと云いたいのならその証拠の提示が必須である。

下のグラフは、記録開始からのもので、5月8日から収集方法が改定された記録状況が分かる。

上記のグラフは何れも当初からの累積人数で示した。

最も大きな成果は、確認感染者が増加しても死亡者の増加は殆ど無く適正な医療が行われていることは奇跡といえよう。

何れの数値でも、日当たりの増減は激しく、ここでは当初からの累積人数で表した。日毎の増減値は、週日の社会活動の変化や不明の原因で大きく変動する。

メディアの間違いは、データを前日の値からの増減率で見て、異常な増加があった場合のみ、目立つ見出し付きで視聴率(読者)稼ぎの報道にすることである。

これは、嘘ではないかから良いというものではなく、人々に間違った「認知バイアス」を植え付ける行為である。

WHOにやっとおほめ頂いた  日本のCOVID-19医療、 死者を防ぐことに成功。 明日から日本のメディア 論調の風向きが変わるかも

2020/07/28

今日まで、日本のメディアは。外国に比べPCR検査が少ないから感染者が少なく見えるだけとの一斉射撃。感染確認者の急増が見られるデータだけを取り上げて警告。

今まで、私のブログに書いてきたように、日本の死者が、感染者の増加にもかかわらず極端に少ない。下のグラフで直近のデータを、加えて再度示す。

下のグラフは、厚生労働省のデータ収集方法が5月7日以前と8日以後で変わった状況でのVOVID-19感染発生当初からのものである。

死亡者の日毎の発生数で見たものが下のグラフで、単日の変動はかなり大きく、メディアニュースの種にされていた。赤線は週間(7日)移動平均である。

7月に入って確認感染者数が増加し始めても死者の日発生数は0の日が目立様になり多くても3名以下である。このような事実はメディアではインパクトがないからか記事にはされていない。

左の記事が出たのを機にメディアの記事やテレビのコメンテータの論調が変わるのでは?

COVID-19 (新型コロナウィルス感染) 厚生労働省のデータベース 「オープンデータ」を検証する

2020/07/25

厚生労働省で集計された新型コロナウィルス感染者データベース「オープンデータ」からPCR検査陽性確認者数、入院加療・退院者数及び死亡者数についてその累計値をグラフに描いたものが下図である。5月7日と8日の不連続は収録方法の変更によるものである。ここで、「入院を要する者+退院者」とは後尾に記した集計基準の①と②の合計値である。

ここでは、5月8日以降のデータについて詳細が分かりやすいグラフにして示した。

累積PCR陽性確認者数の増加とともに全期間同じ割合で入院医療治療とその結果である回復者が記録されている。残念ながら死亡者も見られるが、ほぼ同じか減少傾向であることが分かる。感染者総数と医療記録数には少し空白が見られるが、それぞれの記録には判定の困難や入院待機中・発生日との遅延等による欠落等、細部までの解明は無理のように思われる。直感的にはこのデータは非常に良い一致と見ることが出来る。

何れにしてもこれを見る限り、日本のCOVID-19感染による医療体制は、現在までの全期間にわたって正常に機能していたことの証明であろう。

証拠を示さないで、外国のニュースなどの断片的な比較だけで日本のPCR検査率が少ないことが災害の根源ように言いふらす一部のメディア、テレビのコメンテータ。これこそ視聴力稼ぎのフェイクニュースの典型であろう。

残念ながら一抹の不安は、不都合な公的記録を抹消しても犯罪にならない現今に見る官僚機構、厚生労働省の集計に作為的な加工が加えれれていないかである。しかしこれを検証できるソースデータ(全国の自治体による発表日毎の原プレスデータ)を求め集計検証をすることは、個人では不可能のように思われる。

オープンデータ集計基準の要約

① 入院治療等を要する者の数: 入院待機中、確認中を除く入院を要する者等の数である。

② 退院又は療養解除となった者の数: 各自治体がウェブサイトで公表している数等を積み上げたもの。

③ 陽性者数: 各報告日時点の集計値を記載している、各報告日における新規陽性者数は、各自治体がプレスリリースしている個別の事例数(再陽性例を含む)を積み上げて算出しているため、前日の総数からの増減とは異なる場合がある。

オープンデータ 厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

COVID-19 感染者の再爆発とそれに続く死亡者増を防ぐには

2020/07/22

厚生労働省のデータベースより感染者数と感染死亡者の週間移動平均値の推移を描いたものが下のグラフである。エラーバーは移動平均値(7日間)の標準偏差である。

黄色で塗りつぶした領域は、前回の感染爆発時と似通った感染確認者の増加が見られる範囲を示したもので、現在低水準にある死者が今回もこれに遅れて前回に見られた死亡者の増加が起こるかどうか、ここ一週間の正念場である。

政権の実行する第一選択は、たとえ感染発病者が増加しても、死者の暴発が起こらないよう実効ある対策するかどうかの瀬戸際である。それには、医療従事者の待遇改善、確保・増員予算の増額と、医療設備の充実に税金を投資することで、見かけの短期的な商業経済回復に補助金攻勢で一喜一憂する時期ではないことを証明している。

COVID-19感染  北半球の主な国の人口10万人当たりの死亡者数 日本は韓国とともに欧米より2桁少ない 特に日本の成果が外国だけでなく日本のメディアでも無視されている不思議な理由は? 

2020/07/22

統計のもととなる母集団の人口を無視し、目立つ数字で視聴者。読者の目を引くメディア。これは、一般に間違った認知バイアスを醸成する。

下のグラフは、それぞれの国の人口10万人当たりの累積死亡者数の対数表示したもので、韓国と日本はドイツを除く欧米先進国より2桁少ないことが分かる。

アメリカは人口が多い為、国としての絶対死者数はヨーロッパ諸国に比べ多いので目立つが、人口当たりにすれば殆ど同列であることが分かる。しばしば、ヨーロパでの成功例に挙げられるドイツは確かに少ない。そのうえ、ドイツ、日本、韓国は5月以降新しい死亡者は見られないほど少ない。

上は、死亡者の日発生数の週間移動平均値の推移グラフである(人口1千万当たり)。日本と韓国は左のグラフでは底辺に密着し見られないほど少ないので縦軸を百分の一にして右のグラフで表した。また、下のグラフはこれを対数表示したものである。

PCR検査に制限を加え、都市(地域)の強制外出規制もしなかった日本、感染死亡者のピークは他の国に比べ遅く、しかも平坦化していてピーク以降の減少率も大きいことが分かる。

上のデータはJHU(ジョーンズホプキンス大学)の編集データベースによるものだが、日本の場合、政府や各県のプレスリリースより読み取ったものの様です。

以上結論を云うのは早いが、現在までのところ日本は、COVID-19(新型コロナ)感染死対策で韓国とともに世界での成功例である。特に日本では民衆の官憲による無差別の強制移動禁止(ロックダウン)が法律で実行できないにも関わらず。

日本は、死亡原因をCOVID-19感染死以外で処理していると云いたいメディアもあったようだが、季節毎の全病死記録に本年度際立って過剰が見られない限り根拠は無い。まして、PCR検査の多い少ないは死亡数とは関係ない。

日本のPCR検査によって判定された陽性者の死亡率は5.5% 現在まで全期間を通じてほぼ一定 正常に医療が行われた証拠 感染者数は7月に入って再増加傾向 

2020/07/15

厚生労働省のデータベースより分析したPCR陽性確定者の死亡率。陽性が確定されてから発症死亡に至るまでは期間がある。これを補正して死亡率を求めたものが下のグラフである。

前のブログに書いたように、死亡者の発生は、原因となる感染確認より遅れる。その遅れ日数は両、累積数曲線の重ね合わせにより、約19日の遅れが見られる(17~19日)。その遅れを補正して累積陽性者数と死亡者数の相関グラフにしたものである。

発生初期、感染爆発期には線形相関以上の死亡者の上昇が見られるがそれほど大きく離れてはいない。このように日本のPCR検査による発症者の確認は適切に行われ、正常に適切な医療が行われたことが分かる。別の見方をすれば、医療崩壊が起こらなかったことを示す。

一方、PCR検査実施累積数と確認陽性者数との間では、期間中3っつの陽性率の期間が見られる。これで見ると7月に入って第二期の感染増加期間に入ったことが推定される。

上のグラフは、よく言われる、PCR検査を増やせば感染者がそれに無条件に比例して増えるような発言は嘘である証拠となる。

補足

日本は現在までのところ、医療崩壊を起こさず機能し、COVID-19を抑えていた証拠の一例であろう。これは自己顕示欲の強い政治家の功績ではなく、現場の実情を踏まえた医療関係者の努力によって達成されていると認識すべきである。

科学的に成功している日本のCOVID-19 (新型コロナウィルス感染症) 対策

2020/07/13

厚生労働省のデータべ―スより日本のCOVID-19感染症の三つの主要データ、確認感染者の把握、感染死亡者、回復・隔離からの解放者、それぞれの累積数を調べた。結果は、統計的に的に正常であったといえる。下のグラフは主要な3データの時系列を表す。

① オープンデータ 厚生労働省、 PCR検査とCOVID-19感染者集計データht

https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

これを見ると、感染確認から3週間弱(19日)遅れて死亡者の増加が、4週弱で隔離状態からの開放・回復がほぼ同形態で見られる。

下のグラフは、回復者の日付曲線に重ねるよう、確認感染者、回復退院者・隔離からの解放者、それに加えた死亡者、すなわち医療を受けた総数を上のグラフに示した矢印の日差で重ねたもので、よく一致している事が分かる。ただし、7月に入ってからは気にかかる傾向が?

これを見る限り、日本の感染対策は科学的に成功したといえる。

COVID-19 (新型コロナウィルス)基本となるデータは正確か? インターネットに公表されている国際的な三つの収集機関で 日本を比べる

2020/07/11

世界保健機構には世界共通のデータ収集規準とそれによるデータベースは無いようだ。

インターネットに公開されている世界のCOV-19感染データの三つの収集機関について、日本のデータを比べてみた。各機関は大まかなデータ収集根拠を示しているが、個々の細部までは分からない。データベースの機関は、

① オープンデータ 厚生労働省、 PCR検査とCOVID-19感染者集計データht

https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html

② COVID-19 Dashboard by the Center for Systems Science and Engineering (CSSE) at Johns Hopkins University  https://github.com/CSSEGISandData/COVID-19/tree/master/csse_covid_19_data/csse_covid_19_time_series

③ Data on COVID-19 (coronavirus) by Our World in Datahttps://github.com/owid/covid-19-data/tree/master/public/data

先ず、死亡者数の日間発生数について調べてみた。日変化は週日効果が大きいので一週間の移動平均の中央日で変動グラフを描いたのが下のグラフである。三つのデータベースの間では大勢は一致しているものの、この程度の差が見られる。世界の標準時差の関係で日付の判定が難しいのが分かる。

同様に、PCR確認感染者数で見ると下のグラフの様で、日本の厚労省のデータは調整値のように見える。

発生当初からの累積数については、期間の前半では不一致も見られるが、当然のことながら三機関の値は日程が進むにつれ一致は良くなっている。

参考のため、三機関のデータ収集の日付毎の値を棒グラフで示した。

日毎の数値はこのように不確定である。

メディアや行政が、稀に見られる大きな変動をさも真実のようにコメントする記事には注意が必要なことが分かる。

日本のCOVID-19 (新型コロナウィルス) 感染者数が少ないのはPCRテストを制限したからではない 

2020/07/10

新型コロナウィルスに関するオープンデータ 厚生労働省、 https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/open-data.html  は以下の様な基準で公表されている。令和2年1月16日からのデータの内、5月8日公表分から、データソースを従来厚生労働省が把握した個票を積み上げたものから、各自治体がウェブサイトで公表しているプレスりリースの数を積み上げた数に変更した。空港検疫にて陽性が確認された例は含まれていない。公表項目は、

PCR検査陽性者数 。
PCR検査実施人数
入院治療等を要する者の数
退院又は療養解除となった者の数
死亡者数
PCR検査の実施件数
発生状況

上記の各項目ごとに個々のCSVファイルで提供されている。データは2020/1/16日から現在まで日毎の値の全国集計値である。

下のグラフはそのデータから描いた一例である。PCRでの感染確認者累積数の増加から2週間余り後にそれとほぼ同率で死亡者の累積増加が見られる(死亡者数は右スケール)回復者はさらに1週間ほど遅れて見られている。

図1

日毎のPCR検査数と陽性者数については、週間規則変動が見られるので(7日)移動平均を用いて示したのが下のグラフである。陽性者数は右スケールである。

図2

これで見ると、感染者のピークは4月10日頃であり、それ以後急激に減少するがPCR検査数は変わらず行われ、その増加時にも新感染者は同期していない。ここで気にかかるのは6月18日以降また新感染確認者数が増加傾向にあることである。これはPCR検査数の増加のせいであろうか?死亡者が現れる2週間後になると分かる。

日本ではPCR検査数が少ないから確認感染者数が少ないだけで、外国の例を見れば、本来は未発見感染者がもっとあるという証拠の無い尤もらしい話がメディアで盛んであったが、これが間違いであることを下のグラフに示す。

PCR検査の積算数と積算感染確認者数の日毎の増加の様子を見ると、日本ではPCR検査累計数はほぼ一定率で増加しているが4月半ば以降陽性者数の増加は見られない。言い換えれば、これは、日本の場合PCR検査が少ないから確認感染者が少ないのではない一つの証拠である。

図3

図1で見るように、死亡者は感染確認時より約2週間余り遅れて現れる。そこで、下のグラフでは感染者積算グラフ曲線を死亡者積算グラフに16日進めて重ねたものである(左図)。右のグラフは、感染者数の死亡率が5.5%として、死亡者数から逆算した推定累積感染者数と確認感染者数との比較である。

このように日本では現在までの全期間において死亡率は感染者の5.5%、一定値を示している。

日本の場合、現在までの全期間を通じて「PCR検査を増やせば感染者が増加して見える」は明らかに間違いであった。しかし今後は社会的感染防止制約がゆるむにしたがい無発症感染者が増え、感染の2次爆発の恐れは無視できないであろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。