コンテンツへスキップ

COVID-19感染 無意味な情報を流すメディア 

2020/12/29

下の画像は連日報道されている新型コロナウィルスに関する表の一例である。

この表で問題にしたいのは、感染の始まりから直近までの感染者累積人数が情報として何の意味がるのか? 外国の主なデータベースでも記載している基本データだから当たり前と言われればそれまでだが、特にカッコ内の前日比については、集計発表値の週日依存性(日曜日が最も少ない周期性)が強く、実勢の感染増ではないことが分かっている。この表は、感染確認者の加算数であるから増加しかありえない数字にわざと+マークを付けて表示する(+144)等、情報として無意味であるばかりか、誤解を生む興味本位の記載としか言えない。

一般に感染症の感染者は、一度かかったら永久に他に感染させる、ウィルス解放感染者になるわけではなく、今回のCOVID-19の場合、この期間は感染を受けてから4週間程度と言われている。今年2月からの累計感染者数と今後の感染状況とは何の関係もない。仮に既感染者(抗体保有者)の合計が全人口の60%以上もある状態であれば集団免疫効果が期待できるがそれには程遠い。

幸い、日本の厚生労働省の集計データには退院回復者数が報告されている。これと死亡者数の合計が感染確認後の経過を知る上の重要な要素となる。退院回復者数の時系列曲線と感染確認者数曲線とを比べると、感染が確認されてからほぼ2週間程度で回復し死亡者は少ない。

下表は、厚労省のオープンデータを基に、私が試算したした感染状況である。基本は、既感染者が他に感染させる能力をもつ(活性)期間は永久ではなく、4週間程度と言われてる。ここでは前のブログで示したように、感染確認から11日後には回復し感染活性能力がない者として積算感染者数から除いた。残存活性者数:青色背景部分の数。

今後の感染状況の基礎となるのは、この感染能力保有者(活性者)の人口と行動形態である。当初からの感染者数でも、1日前との陽性者数の見かけの増加数でもない。

テレビや新聞など報道メディアの認知バイアス。インパクトのある記事にするのが習わし、数字に嘘がなければ無意味な記事でも当たり前との習性が目に見える。

COVID-19感染してウィルス保有中(活性中)人口に対する致死率 

2020/12/28

先のブログで求めた感染活性中の集団の人口と日当たりの死亡者数から致死率を見てみたのが下のグラフである。

7月に入って、感染者の回復に伴い残存感染活性者に対する致死率は減少し終息したかに見えた。残念ながら安定はしているが9月に入って高止まりになった。また、心配なのは12月の上昇傾向である。

因果関係は分からないが、500万人以上のGoToトラベル利用者の発表に関連して死亡者の増加が見られていることである。

12月に入ってからの上昇は何かイベントと関係があるだろうか?

COVID-19 感染力活性者数の推移動向の把握こそが感染予防に重要な要素であり 感染初期からの累積感染者数は無意味

2020/12/27

結論を先に書こう、 感染活性: 日本の現在の状況は残念ながら感染活性者の人口が最も多く、第1次2次よりも強硬な社会隔離政策が必要となる証拠を示している。

日本だけでなく、世界の主なデータベースでは、COVID-19発生初期からの累積感染確認者数を表示している。しかし、このウィルス感染者が他者に感染させる活性期間は感染から4週間程と見られている。それ以前の回復者はウィルス保有者ではなく、感染拡大の原因となる活性者でもない。

下の組みグラフの上左は同日に公表されている確認陽性者数と回復+死亡者数である。当然のことながら、回復や死亡は感染確認の日からある期間遅れて発生するものであるからこれは同日の事象ではない。そこでこの日差を求めるために両系列曲線の日ずらし相互相関係数を示したものが右グラフである。日差11日で相互相関係数が最大になっていることが分かる。この様子を見るために日差をずらし重ねて表示したのが下のグラフで、累積感染陽性確認から11日遅れで回復あるいは死亡により感染活性者ではなくなる人口と陽性者との関係が非常によく一致していることが分かる。このデータは厚労省のオープンデータからのもので、両データの一致状況から見て高精度の集計であり、明確に因果関係を示している。

したがって、感染活性中の感染者数の推移を高信頼度で算出出来、それは下のグラフの様である。

この感染活性者が将来のパンデミックに関与する基本原因者層であり、この人たちの動向が先の感染状況に重要である。

これで見ると、日本の状況予測は残念ながら現時点では第3次の収束は見えてこない。過去の第1次2次よりも感染活性者の人口が最も多い現在、強硬な社会隔離政策が必要となる証拠を示している。

COVID-19 公的発表の感染表は当日の実勢数ではない 事務的な集計値である これによる(前日集計との比較は) 何の意味もない誤った情報に過ぎない

2020/12/26

下のグラフは、PCR検査実施数、陽性確認者数、死亡者数をそれぞれ、日毎の厚労省のオープンデータにより描いたものである。縦目盛り線の赤色は日曜日を示す。これを見れば分かるように公表値は、週日活動変化に依存し、感染情報実係数の日系列ではない。

公表されている前日との比較数の主要ファクターは、この曜日の特性を表している数値に過ぎないことが分かる(特に月曜日)。しかも前日までの総集計値に対する増加数では、当日の発生がゼロでない限り増加数することになる。そして、日曜日には調査あるいは集計活動が鈍ることから、前日比で見れば月曜あるいは火曜日の増加が大きく見えるだけであり、事実とは関係のない値である。このような「週バイアス」に無頓着なデータの公表は無意味であるのみならず、一般に誤った認識を醸成するだけであることが分かろう。

数値に嘘はない、無意味でも悪くはない。「前日比激増」悪いインパクトを見せて興味を引くことが感染防止に必要だと云いたいのだろうか?

日本のCOVID-19感染死亡者数の予測 来年1月5日まで エクセルの予測シートによる

2020/12/24

下のグラフは、厚労省のオープンデータの積算死亡者数から日当たりの死亡者数を求めた値(青色棒)と予測値(オレンジ色棒)。点線は予測の95%信頼区間の上下限界値、黒線は週間(7日)移動平均値の中央値を表す。

残念ながら上昇傾向は下がり気味に見られるものの収束とは言えない。正月休暇中も最大で一日当たり80名の死亡者も予測される。

ただし、上の予測は過去の時系列変動の自己相関予測であり、科学的な変量からの因果関係に基づいたモデルを用いた予測ではないことに注意を。

私のブログ アメリカからの参照数急激に増加 日本の表示数に迫る

2020/12/23

下のグラフは、私のこのブログについての国別統計が発表された2012年以降の日本、アメリカ、中国、その他の国別積みグラフである。

日本語で書いた私のブログ、当然のことながら圧倒的に日本の表示数が多いのは当然と思っていた。しかし今年11月からアメリカの表示数が増え始め、終日アメリカの方が多い日が見られるようになった。この統計表からだけでは、特定の方が私の記事の各タイトルを順次見ていただいているのかとも思われるが、日本では、COVID-19に関し書き始めてからも交通事故関係のタイトルの表示数に比べ、コロナウィルス関係のタイトルの上昇は思ったより少ない。なぜだろう。直前のブログ記事参照。

私のブログ2020 記事タイトルの表示トップ10

2020/12/23

spaceglow.blog の今年1年の集計: 訪問者数 8,578、 表示数 15,003、フォロワー 38

4項目に分けてそれぞれ表示数のトップ10を調べてみた。

新型コロナウィルス関係について書いた記事の表示、あまり注目を得られませんでした。

根拠の確認があやふやな話、愚痴った話。

大勢の方にお目に留まって有難く思います。

2020年 日本のPCR検査実績を見る 

2020/12/21

日本のPCR検査には統計的に不合理な証拠はない。欧米に比べて検査数が少ないだけで非難するのは間違いだ。

下のグラフは日本のCOV-19感染初期から現在までの状況を描いたもので、最下段、PCR検査実施数に対する陽性確認の陽性率%は3回の感染増大期には増加が見られるが最上段、PCR検査数も増加しており検査実施数を故意に制限した為ではないことが分かる。グラフの縦軸を対数で示しているから上下の幅は相対比を表す。

6月までの第一次拡大期には検査の混乱期と見ることだ出来るが、それ以降は安定した検査状況であったことが見られる。

陽性率を詳しく見ると、第2次と3次の頂上期ではそれぞれ7%近くまで上昇しているがこの効果をPCR検査不足と見る証拠はここでは見当たらない。

第1次の収束時、感染確認者が1%程度まで下がったことに注目すべきではないだろうか?

現在進行中の第3次の拡大が第2次と同様ならば、現在、陽性率の下降が見られることから第3次も収束に向かっている希望が見られる。

来年は良い年になるよう希望が持てると云いたい。

PCR検査の週間移動平均陽性率系列から求めた年末までの感染死亡者数予測 年末年始の休暇を家族で過ごそう

2020/12/19

年末年始の特別行事を自粛し、現時点での感染防止社会行動を続けることが出来たら、日本の第三次感染爆発は収束に向う希望が見えるようだ。特に例年の忘年会や新年宴会の飲酒パーティーを例外なく中止し、参拝等の混雑を避け、休暇を家族で自宅で過ごすことで実現できるだろう。*1)

日本はPCR検査を少なく制限しているからCOVID-19感染者が少ないという批判がある。しかしPCR検査がどうあろうと死亡者数は厳然として変わらない。今年の新型ウィルス感染症死亡者数は、例年の季節性感染症死亡者数の変動範囲内、明確な過剰死亡は見られないほど少ない。

そこで今回はPCR検査受験者を母数として陽性と判定された「陽性率」とその時点より2週間余りを経過して現れる第三波の死亡者数の増加に対し陽性率変動が何日前に起こっていたか、日ずらし相互相関を求めたところ17日前後と分かった、図の上段左の▲印。その日差を調整して重ねたものが右図の様である。この日差を調整してPCR検査陽性率と死亡者数の相関分布図作成し、近似式を求めたのが下左である。

この近似式を用いて現陽性率から求めた予測死亡者数(赤棒)と実際の死亡者数(青棒)を並べて描いたものが下のグラフである。

このグラフで、日毎に赤と青が並んでいる部分は12月16日までの記録であり、赤色棒だけの部分がこの方法での予測である。

この結果では、幸い第3波の感染死亡の山が見え、このままいけば年越しの死亡者爆発は無いように見える。このようになってほしい。

私の12月9日投稿の「日本のCOVID-19感染死亡者予測 年末から年始にかけて1日50名をうかがう勢い」*2)より今回の試算結果は少ない。どちらの計算がより合理的かはPCR検査システムが統一的に継続されているかが分からないので何とも言えない。推定誤差が2倍以内、現実がこの範囲であってほしい。

*1) 通常の感染死亡者数の前年同月変動とCOVID-19感染死亡者数の関係を調べてみた  2020/12/06

https://spaceglow.blog/2020/12/06/%e9%80%9a%e5%b8%b8%e3%81%ae%e6%84%9f%e6%9f%93%e7%97%87%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e8%80%85%e6%95%b0%e3%81%ae%e5%89%8d%e5%b9%b4%e5%90%8c%e6%9c%88%e5%a4%89%e5%8b%95%e3%81%a8covid-19%e6%84%9f%e6%9f%93%e6%ad%bb/

*2) 日本のCOVID-19感染死亡者予測 年末から年始にかけて1日50名をうかがう勢い

2020/12/09

https://spaceglow.blog/2020/12/09/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e3%81%aecovid-19%e6%84%9f%e6%9f%93%e6%ad%bb%e4%ba%a1%e8%80%85%e4%ba%88%e6%b8%ac%e3%80%80%e5%b9%b4%e6%9c%ab%e3%81%8b%e3%82%89%e5%b9%b4%e5%a7%8b%e3%81%ab%e3%81%8b%e3%81%91%e3%81%a61/

7年前の思い出 Facebook から

2020/12/18
写真の説明はありません。

我が家に最初に届けられた日。 2003年6月7日。 現在も乗っています。 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。