コンテンツへスキップ

COVID-19感染症  PCR検査増に伴う陽性確認者増にもかかわらず重症者や死亡者の増加はわずか 日本の医療体制の成果を認識しよう

2020/08/11

厚生労働省のプレスリリースと思われるウェブ記事「新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他」を見つけた。データは決裁文書の画像表記の様で、やむなく読み取って手動でエクセルファイルに取り込んで整理した。その結果をグラフに纏めたのが下図である。

PCR検査増に伴うCOVID-19陽性確認者数の増加にもかかわらず、重症者や死亡者増はそれ比らべ増加していない。特に死亡者は日当たり数人あるいはゼロの日も見える。

これは、いたずらに? PCR検査数を増やし陽性確認者数を競うのでなく、陽性確認者の正しい医療保護システムの為の研究と実行が重要であり、陽性と判定された人たちを差別することにならないよう、慎重で合理的な対応が伴わなければならないことの証拠であろう。

健康・医療
新型コロナウイルス感染症に関する報道発表資料(発生状況、国内の患者発生、海外の状況、その他)

テレビや新聞 COVID-19 「3日連続で感染者激増」 このような見出し記事の罪悪 誤った“認知バイアス”を社会に植えつけるのでは

2020/08/10

下のグラフは厚生労働省集計のデータベース「オープンデータ」から描いたもので。それぞれ毎日の公表値と、それの1週間移動平均値を計算して(中央日)記入したものである。

PCR陽性確認者数は週日での変化が大きく、周期変化をしていることをが見える。このような場合、感染者が3あるいは4日連続で2倍以上も増加しているとの見出しに何の意味があろう。嘘でないから報道としては正しいとの言い分だろうがこれは視聴率を上げるだけの意味しかない。かえって社会に誤った危機感を与えるに過ぎない。

上のグラフで最も重要な事実は、第一次感染増大期と違い、PCR検査陽性確認者が急上昇するにもかかわらず、感染死亡者がいまだに増加に転じていないことである。この事実こそ専門研究者に取材して現段階で分かっていることを報道し、正しい社会活動の判断の材料となる記事にすべきであろう。

なぜ死亡者だけ? 残念ながら厚生労働省では発症者、重傷者数の統計を示していない。

このような証拠のある事実全体を云わない報道、感染確認者数だけをしつこく報道、目立つ分かりやすさだけを求める報道は誤った社会認識を作り上げることになる。

PCR検査の増加政策 ほんのわずかではあるがCOVID-19感染者の医療空白者数の増加が見られる  厚生労働省のデータ集計の誤差とも見えなくもないが

2020/08/09

日本の場合。厚生労働省の「オープンデータ」による医療欠落者?の一例。

下のグラフは累計PCR感染確認者数から医療記録のある人数を引いた「医療記録空白者」を描いたものである。厚生労働省のデータベースは5月8日よりデータ収集方式を変えている。したがってそれ以後について作成した。同時に発生初期からの累積死亡者を併記した。

医療記録空白者数は、6月中は変わりないが以後増加に転じている。

PCR検査数は7月以降、地方行政の増加政策に従って変動は大きいが急激な増化に転じている。下のグラフ、

確認陽性者数との関係は、

医療の空白者人数は非常に少ないがこれをどう見るか? PCR検査の検査数、陽性者数がともに増加しているにもかかわらず医療の記録を持つ感染者(入院を要する者及び退院者の累積数)に対する死亡率は7月以降急激に下がっている。下図、

これは、死亡者数が変わらないのにPCR検査増による確認陽性者増の結果、母集団となる医療を受ける必要と認定された人数の増加によるものである。感染死亡者が減ったのではなく医療を必要とされる人口が増加したためである。PCR検査で陽性であっても本当に隔離医療が必要かの注意深い検証が必要である。

無条件のPCR検査は必ずしもよい結果を生むとは限らない。医学的に正しい根拠に基づく指導と並行して行わなければならないことを示している。

日本では、COVID19感染初期から7月までは妥当な政策であったと評価すべきと思えるがどうだろう。

PCR検査 むやみな増加が社会に害を及ぼし始めたのでは?

2020/08/08

下のグラフはPCR検査により陽性と確認された累積人数と、COVID-19(新型ウィルス)が原因で死亡したと報告された人数から逆向推定(感染者の死亡率5.5%)した16日前の推定COVID-19感染者数とを重ね合わせたものである。

7月以降、PCR検査の制限がゆるめられ、確認者数が増えているにもかかわらず今のところ推定感染者は殆ど増加していない。下図、

これを見ると、7初期まではPCR確認感染者数と推定感染者とはよく一致している。公表されている死亡者数が正確にCOVID-19発病死亡者とすれば、この期間のPCR検査で陽性と確認された者はほぼ全員が発症初期の(活性)新型コロナウィルス感染者であったとみることが出来る。この期間、日本のPCR検査は帰国者や感染発病の恐れの濃厚な者に限られていた。

上記の様な、単なるPCR陽性者数や死亡者数の統計だけからは、医学的な要因を考えることは出来ないが、むやみにPCR検査数を増やすだけでは感染の事実を見ることにならないことだけは明らかであろう。

上のグラフは、このブログで何回も出しているように、日本の感染確認方式とその結果医療を受けた人たちの初期からの累積数で何れも増加しているにもかかわらず死亡者の増加は見られない。また医療記録の欠落した人数(黒線と棒グラフ先端の隙間)はわずかで、これは日本が完ぺきな医療体制を維持している証拠であろう。

パンデミック初期、WHOなどが言っていた一にも二にもPCR検査、この亡霊を今でも信奉し、PGR陽性者数だけをニュースにしているメディアとその対策に追われている行政。

PCR検査の陽性者全員がこのウィルスを他の人に感染させる危険性を持つわけではないことが最近発表の研究結果から見え始めている。無料でむやみにPCR検査をし、感染の活性・非活性者の区別なく認定することや、特にメディアが数だけで大騒ぎすること、政治家の人気取りが社会の不安や経済活動の妨げになり始めたのではなかろうか。

PCR検査数 確認陽性者数 死亡者数との関係 日本の場合

2020/08/06

PCR検査陽性者は必ずしも新型ウィルス感染者ではない。最近免疫生物学や疫学研究者の声としてきこえはじめた。

新型コロナは日本人にとって本当に「怖いウイルス」なのか
8/6(木) 6:01配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/7c439165c6ce609561e13d65eeecd27ba59c982d

下のグラフは厚生労働省のオープンデータから描いたPCR検査数、陽性確認者数、感染死亡者数の日系列を描いたものである。値は週間移動平均で表した。

日本のPCR日検査数は4月から7月まではほとんど変わらず、以後現在では増加に転じている。それに従って確認陽性者数も増加しているが、このグラフは対数表示であるから大小は増減の比率を表している。従て死亡者は日毎に数人の違いであり、グラフ上の増減は意味がなくいまのところ陽性者数とは関係なく、非常に少ないとみるべきだろう。結論までには今後2~3週間の様子待ちであるが。

いずれにしてもPCR陽性者数がメディアニュースの注目の的となり、行政もそれに引きずられているように見える。

COVID-19 PCR検査 感染確認者数と感染死亡者数との関係 

2020/08/05

北半球の主な国について、PCR感染確認者数と感染死亡者数との相関グラフを描いたものが下の画像である。何れもJHUデータ集積値を用いた。グラフは横軸が確認者数、縦軸が死亡者数である。

国によって、感染確認者数の増加に伴って感染死亡者の増加はかなり異なり一様ではないことが分かる。パンデミックが始まった初期ではいずれの国でも死亡者も増加する。

初期段階で、日本、韓国、ドイツでは感染確認者増に比べて死亡者は緩やかにに増加しはじめ、ある時点で急激に増加する傾向が見られる、これは感染確認が感染の初期に行われていて発病~死亡までの遅れ期間があることが原因であろうか? また、これらの国では飽和点が比較的少ない感染者数で現れ、これを過ぎると感染者数の増加にもかかわらず死亡者の増加が急激に緩やかになる。

イタリア、イギリスでは死亡者の増加率がほぼ一定でまだ飽和が見られない。スウェーデン、アメリカでは途中で増加率が下がるが依然として感染者数の増加とともに死亡者数も増加している。また、これらの国々では初期の段階から死亡者の増加が見られ、感染確認検査が遅れて、重症化>死亡と殆ど同時に行われていたことを暗示する。

人口が多い為に目立ち、悪く言われているアメリカ、意外なことに8月当初迄の積算感染確認者に対する死亡者の割合は0.03で日本と同じである。それに比べるとドイツ、スウェーデンを除くヨーロッパ諸国は10%以上である。

これらの原因は、疫学的なものか、政治の介入による社会的な規制の結果だろうか? これらの違いは、憶測による納得しやすい説明ではなく、証拠に基づく解明が重要であろう。

COVID-19 新型コロナウィルス感染死者の推移 北半球の主な国々で

2020/08/04

人口1千万について1日当たりの死者数の週(7日)移動平均とその標準偏差範囲を示したグラフが下の二つである。期間は第1次パンデミックが収まった7月以降で見た。

上の国々は、現在感染死亡者が収まっているとみられる国々で、特に7月半ば以降これらの国々では誤差の範囲内では交錯している。この中では日本と韓国は特に死亡者が少ないとみてよいだろう。ヨーロッパで優等生と言われるドイツは当然としてスペインの死亡者の減少も見られる。

感染者の抑え込みに失敗したとみられるアメリカは、まだ感染死者の増加が終わっていないかやっと減少の兆しが見え始めた段階と云えよう。

初期対応を自然感染に任せ無症状(軽傷)感染による抗体保持者の増加を期待したイギリス、スウェーデン。そして、混乱した政治対応のフランス、スペインは一次パンデミックで抗体保有者が増えたためか現在の死亡者は少ない。

下のグラフは、これらの国々を一緒に見るために対数表示で示したものである。これを見る限りでは、日本のこれからの状況が気にかかる。

何れもJHUのデータベースより。

PCR検査数と死亡者数との関係 日本の現状を検証する

2020/08/03

下のグラフはPCR検査数とCOVID-19感染死亡者数の関係を示したものである。

人数の規模が違うので、左スケールは確認陽性者数、右は感染死亡者数で、それぞれの推移の様子を見るためのものである。6月末までを第一期感染期、7月以降を第二期とすると第一期では感染確認者数の増加に2週間以上遅れて死亡者の増加が見られている。

下のグラフは、感染確認に遅れて現れる死亡者の遅れ日間隔を22日として重ねたグラフである。第一期感染期ではほぼ一致して見られる。第二期では今の時点では感染確認者の増加に伴う増加は見られない。

次のグラフで見ると第二期では検査数とその結果の陽性者数の増加が一致しているように見える。

しかし、7月以降の検査数と陽性者数の相関のグラフからその線形近似値を見ると比例係数は0.06と小さく、よく言われるPCR検査を増やせば陽性者が増えると云うのは現実の社会現象としての重きを置く根拠にはならない。

ただ、6月以降のPCR検査の陽性率は増加傾向にあることは確かの様で、既感染者が徐々に増加していると見るべきであろう。

しかし、前から書いているように、日本のPCR検査陽性確認者に対する医療ギャップは少なく、感染者の増加にもかかわらず死亡者の日当たりの増加は殆ど見られない。

以上は厚生労働省のデータベースによるものである。一億余りもある日本の人口で、新型ウィルス感染死亡者が日毎5名以下である事実は特筆すべき成果である。

幾度も書いているように、欧米のPCR 検査数に比べ日本の検査数が少ないとの根拠だけを強調するのは全く無意味と思う。

右の映像のような発言は、メディアが見出しに使って視聴率を上げ、政治家がそれに乗ることが分かっていて、社会の関心を持たれることの必要な組織管理経験者のテクニックとしか思えない。これは専門家とは言えない根拠薄弱な論理である。

むやみに、無料でPCR検査が受けられるが、その結果の医療保護対策の無い無責任な政策は、混乱を招くだけで重症者や死亡者を防ぐことができないことは世界の多くの地域での現実の社会がそれを示している。

やみくもにPCR検査をすることがいいわけではない

2020/07/31

日経GooDay

川崎市健康安全研究所所長・岡部信彦氏 講演会報告
2020/7/18 梅方久仁子=ライター

https://gooday.nikkei.co.jp/atcl/report/14/091100031/071700696/?P=3

からの転載

COVID-19 (新型コロナウィルス感染)見えてきた日本の第一次の波と2次との違い 今回は死亡者の増加は見られない。

2020/07/31

下のグラフは日本の感染状況をそれぞれの累計で描いたものである。6月以前を第一次、それ以降を第2次と見ると顕著な違いは今回第2次では死亡者の増加が見られないことである。

第一次では感染確認から約18日遅れて死亡者の増加が、3-4週間で回復解放者が見られている。今回は7月に始まった確認感染者の増加にもかかわらず4週間たった今でも死亡者の増加は見られない。回復隔離解放者は感染確認から2週間後、ほぼ並行して始まっていることが見られる。

まだ前駆的な結果であり未知な要素が考えれ確ではないが、日本の医療対策の成功の経過であろう。

今回の感染確認者の増加が死亡者増加になっていない現状の重要さ、その原因の研究とその対策の継続を求めることこそ最も重要な情報であろう。

テレビメディアなど、視聴率本位ともいえる感染者確認者の前日比の増加が大きい時だけ、目立つタイトルをつけ同じニュースを流し続ける。

欧米諸国の真似をしてむやみにPCR検査だけを増やし感染者の統計を取っても、その医療体制を見ない、医療崩壊は政治の失敗というだけでは感染死亡者は防止できない。

テレビメディアの間違い: ぼんやり聞いていると分かりやすいだけ、根拠の無い尤もらしいコメントは視聴者の間違った認知バイアスを増加させるだけ。科学的な証拠に基づく理解と対策のみが効果を示すことを強調すべきである。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。