Skip to content

”歩行者に優しい高齢運転者” できるだけ高齢者の運転を奨励し保護することが、日本全体の交通死亡事故を減らす唯一の手段である

2017/07/27

責任の重い対人事故に関与した運転者の年齢層別事故件数率。

50歳以上の運転者は年齢が進むにつれ横断中の歩行者との死亡事故割合が減っていくことがわかる。それに比べ下のグラフに示すように道路歩行中の死亡被害者は50歳以上で年齢とともに増加していることがわかる。

この事実を、高齢運転者の人数が年齢とともに減り、歩行者が増加するので当たり前という人もいるだろう。

でも考えてほしい、高齢歩行者の死亡事故に関与する大部分は仕事中の在職運転者であることを。現在の日本では、高齢歩行者(自転車乗用者)がすべての運転者にとって死亡事故に関与する可能性の高い脅威であり、高齢運転者から直接受ける危険性はそれに比べればはるかに少ないことを。

何度もこのブログで証拠を示して書いているように、合理的な道路施設の安全管理、安全性の高い車の利用により、”できるだけ高齢者の運転を奨励し保護すること”が、日本全体の交通死亡事故を減らす唯一の手段である。

以上はすべてe-Stat政府統計の窓口、警察庁データベースを用いた分析によるものである。

”高齢者は歩行者に優しい運転者” 警察庁のデータベースから。「高齢者は危険運転者」警察庁のフェイク・キャンペーン、この証拠は何処にも見られない

2017/07/26

e-Stat政府統計の窓口より警察庁のデータベースを基に分析した。

下のグラフは、高齢運転者の関与した責任が重い死亡事故件数を日本の交通社会全体から見たものである。

このグラフは、2016年中の全運転者の第一当事者が関与した事故死亡事故件数の総数3,016件を母数にした高齢者の分類に用いられる幾つかのカテゴリーの年齢層区分の類型別死者数の割合である。

顕著な事実、高齢運転者は歩行者など人対運転者事故が非常に少ないことである。車両相互事故、車両単独事故は多いものの何れも人口の高齢化率よりは少ないとみられる。

”高齢運転者は歩行者に優しい運転者” これが間違いのない現代日本の交通現実。

現時点では高齢運転者が少ないから当然という声が聞こえることは目に見えるが、警察庁のような社会政策に責任を持つ組織の根拠とするものは社会の実勢の事実であり、高齢者の運転欠陥を指摘することではない。

警察庁の誤った認識は、無知からなのか、悪意ある組織権力の動機からきているのだろうか?

アメリカでの表示回数が日本を上回った日 私のブログ

2017/07/26

国別表示回数統計が記録されるようになって6年余り、初めて記録された多数のアメリカからの表示、私の日本語ブログ表示記録。どなたが見ていただけたのでしょうか? ホームページ・アーカイブからのようでどのような記事に関心を頂いたのかも分からない。

記録の一分画面を示す。

警察庁のフェイク・キャンペーンで思い込まされている迷信  ”高齢者は危険運転者” 警察庁のデータベースからはどこにも証拠がみられない

2017/07/24

下のグラフは、主な事故類型である人対車両、車両相互、単独事故で責任の重い第一当事者となった運転者の年齢層別事故件数である。これが実勢の日本の交通事故災害の実態である。

これは日本の運転者の年齢層別人口分布に準じている。65-69、40-44歳に見られる事故件数のピークは第一次,二次ベイビー・ブーマーによるものである。社会政策として交通障害を考えるとき重要なのはこの実勢の事故件数である。例えば75歳以上の運転事故は社会全体の事故件数から見れば異常に多いわけではない。極端なことを云えば、80歳以上の老人をすべて外出禁止にし路上から排除したとしても日本の事故全体の減少率はわずかであることがわかる。

メディア・ニュースによって醸成された常識は、高齢者の同情すべき目立つ事故の記憶の積み重ねで印象付けられたものといえる。

以下に示すいくつかのグラフは、交通事故形態における事故構成率が大きい項目について年齢層別事故の構成率の一部を算出し描いたものである。

上のグラフは、人対車両事故の内、横断中の歩行者に対する運転者の責任の重い人身事故の割合で、高齢運転者ほどわずかではあるが少なくなる傾向がみられる。65歳以上の高齢運転者は全年齢層の平均より少ないといえる。

これは追突事故の場合で、信じられないほどの減少率である。

よく言われている出合頭の衝突事故に関してはは明らかに年齢とともに増加している。

これは右折時と左折時の車相互の事故件数を比較したもので、全年齢層共通に右折時の事故が明らかに多い。この中で、信号交差点での事故件数の割合がどれほどか分からないが、アメリカの交差点信号システムの一般的な方式、停止信号から直進を開始する前に右折車(アメリカでは左折車)を通す信号サイクルである右折保護信号システム(アメリカでは左折)にすれば年齢にかかわらず全体の交差点事故がかなり防げるはずであろうことはアメリカでは証明済みである。これは予算処置もかからずすぐにでもできる変更である。

警察庁のデータベースには記録されていないが、運転経験者なら、直進信号末期、橙色信号で直進してくる車に気を取られながら右折しその先の歩道上の歩行者の発見がおくれる危険性を経験していない運転者はないだろう。

日本では認知症の自動車運転に関する医学的な研究が確定していないにもかかわらず、認知症と診断されれば即運転免許証取り上げという暴挙が法制化されたが、これは日本の自動車交通事故の減少率にはほとんど役に立たず、国際的には身体機能的な生活困難者を証拠もなしに差別する文化的に未成熟な人権無視の国家と評価されるだけであろう。

e-Stat 政府統計のまとめ 警察庁h28全事故のまとめデーターベースより。

ゆり

2017/07/21

我が家の庭、梅雨明けの一時。

死亡交通事故 誰が加害者か

2017/07/21

下のグラフは2016年度1月から11月までの年齢層別に見た死亡事故にかかわった第一当事者の事故件数から同年齢層の交通事故死者数を引いたものである。赤色が被害死亡者数の方が多い状態を表し、青色が加害事故件数の方が多い場合である。

総年齢合計で見ると事故件数に対する死亡者数は1.1倍程度である。このことから、65歳未満の年齢層が高齢者層の死亡事故にかかわっていることがわかる。しかし、見方を変えれば、高齢者の交通事故死にかかわった運転者も社会的な被害者と見るべきであろう。

加害者も被害者もない: 成熟した社会では共に不運な交通災害として同情すべき事態であり、これを減らすよう合理的な努力をすべきである。

事故死者の交通手段別内訳の様子は下図の様である。

75歳以上の死亡者では歩行者・自転車が圧倒的に多いことがわかる。自動車乗用中の死者も多いように見られるが、このデーターベースでは運転中と同乗中の割合が分からない、運転中の割合は年齢とともに少なくなっていると見るべきであろう。

朝日新聞フォーラムのメールアドレスに送信した意見

2017/07/19

私のこのブログ直近3テーマ記事をを送信した 宛先 asahi_forum@asahi.com 何らかの反応を期待したい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。