コンテンツへスキップ

COVID-19 日本のオミクロン まだ横ばい

2022/08/09

待ち遠しい下降の始まり。 主導権は変遷オミクロンにあり。

COVID-19 日本の感染確認数データベース 厚労省とNHK集計値にどうして違いが見られるのか?

2022/08/09

厚労省のOpenData とNHKの日ごとの集計値について差が発生している。

オミクロン感染が始まった2021年末よりその差が見られるようになった。その理由は分からない。

その状況を、それぞれ1週間移動平均値の差としてグラフにした。

下のグラフは、違いが始まった2021年8月からの差をNHK集計値を基準にした比%で表したものである。ここでは世界的に流通しているビッグデータベースOWiDの日本データについも同様に比較した。

厚労省とNHKの違いは最大15%にもなりその原因は究明されるべきであろう。

ここで、顕著に見られる結果として、OWiDが2021/11/1より2022/2/1までは厚労省のデータに追従しているように見えるがその他の全期間はNHKの集計値を採用している。

2021年9月以降厚労省とNHKの集計値に違いが始まり、オミクロン感染が主流と見られる期間の差異が大きい。その理由は分からない。

メディアニュースによると、政府は今感染確認集計システムを変えるようなことを言っている。厚労省の集計時系列データの科学的継続性が途切れる心配がある。NHKはどんな取材方法で全国の感染者確認と集計を行っているかは分からないが、私はNHKのデータを使っている。OWiDもその様だ。

日本で事件となっている、政府権力が統計の根拠を勝手に変える悪習は先進国家ではありえないことである。

COVID-19  日本のオミクロン これが頂上か?

2022/08/08

COVID-19 日本のオミクロン ワクチン接種率と合わせて見る 

2022/08/08

AB.5と云われる今回の感染増とその収束の時系列は、それ以前とはっきりと収束の様子が異なっている。収束までに何回も再感染と見られる状況が続いた。

ワクチンの人口接種率と合わせてその様子を下のグラフに示した。データはOWiDの集計による。

ワクチンが原因と云える根拠はないが、研究の出発点の仮定としてワクチンの抗体とウィルス変異の因果関係を説明する論文に注意している。

COVID-19 日本のオミクロン 落ち着いた経過を辿る

2022/08/07

遅々として見えてこない頂上。

COVID-19 日本のオミクロン 今週から収束に向かってほしい

2022/08/07

8月6(土)はNHKの全国感染集計の発表が遅れた。23:59分の確定値より。

COVID-19 日本のオミクロン このまま予測線の下限に沿って終息するのを期待しよう

2022/08/05

COVID-19 日本のオミクロン 週末にかけて感染データの集計が減少する 来週が山場か?

2022/08/04

政府やメディアの起用する専門家、外国の情報を持ち出して動きは騒々しいがBA.5と云われる日本の今回の感染経緯、従来の感染経過と基本的には変わらないようだ。

COVID-19 日本のオミクロン 遅々として収束に向かわず

2022/08/03

COVID-19 日本のオミクロン BA.5もう少しの辛抱か?

2022/08/01
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。