コンテンツへスキップ

COVID-19 日本のオミクロン 相変わらず遅い終息

2022/05/20

五月 わが家の庭をにぎわしている花たち

2022/05/19

COVID-19 日本のオミクロン 収束に向かう傾向は見られるものの遅々として進まず

2022/05/19

グラフの間違いを訂正しました。訂正前のグラフではXE近似予測の日にち軸位置が誤っていました。

COVID-19 日本のオミクロン 変異株と思われる感染近似曲線と7日移動平均感染確認者数

2022/05/18

オミクロン株と云われる感染者時系列変化は収束が悪い。これを続々と生まれる新たな変異株によるものと仮定し、各感染増加時の簡易再生産者率の時系列変化から感染者推移を試算し重ね合わせてみた。

参考資料として、実勢感染確認者数と合計感染予測値との残差を下のグラフに示す。

以上は単に数字での近似試算値であり、ウィルスの特性や感染の科学的根拠として主張するものではない。

この推定試算結果が科学的に説明できなければ単なる遊びに過ぎないが。

私のブログ spaceglow.blog 世界90ヶ国で表示された記録が

2022/05/15

地図表示は以下の様。全表示数は全13万余り。

上位20ヶ国は以下の様。所謂欧米とアジア諸国ほぼ同数であった。日本を除く総表示数は1万1千件余り。

表示数最後の20位の国々。

動翻訳が普及したためだろうか。

COVID-19 日本のオミクロン 日ごと感染確認者数は減少に向かうか?

2022/05/15

4月29日から始まった連休中の検査集計欠測の修正増が収まったか、新たな感染確認数が減少し始めたように見える。

感染者数の予測値からの残差、まだ安心はできないが。

COVID-19 日本のオミクロン 新たな変異株の発生か?

2022/05/13

週末には新しい変異株の感染予測を検討しよう。

COVID-19 日本のオミクロン 連休中の旅行増の影響だろうか?

2022/05/11

下がり始めた予想近似の感染者数から離れて上昇が、休暇中の行動による社会的距離の短縮感染によるものか、新たな変異株の発生か?

COVID-19 日本のオミクロン 連休中の確定感染確認数 この上昇が続けば旅行者増の結果と云えようか?

2022/05/10

週間(7日)移動平均の中央日付は3日以前が最新の確定データとなることから下のグラフの様に連休中わずかながら上昇が見られる。

新たな変異株の感染増か、連休中の社会的接触増の為かは今後1~2週間で予測できるのではないだろうか。

COVID-15 日本のオミクロン ⅩⅦ

2022/05/08

まだ収束の予断を許さない連休中の感染。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。