コンテンツへスキップ

Mature Japan Citizens’ Movement

2022/09/30

Former Prime Minister Shinzo Abe’s state funeral, which divided the feelings of the citizens of Japan in two.

Police officers try to prevent violent conflict between protesters gathered in Tokyo and people offering wreaths.

They don’t wear menacing armament or defensive equipment, and they show their bare hands to guide the group.

Not a single person was injured or there was any disruption or damage to public facilities.

Of course, there were no arrests by government officials.

I borrowed some of the footage from https://moment.nikkan-gendai.com/news/54299.

Is there an example in the world of such a mature, large-scale mass movement?

成熟した日本の社会

2022/09/30

日本の市民の思いをを2分した安倍元首相の国葬は無事に終わった。東京都に集まったデモ隊とそれと対照的な献花のための人々、相反する大規模集団の間での暴力的抗争にならない様誘導する警察官、威嚇的な武装や防御機具も着けていない、素手を見せての集団誘導。一人の負傷者も公共の施設の混乱や損傷もない。もちろん官憲による逮捕者も出なかった。

https://moment.nikkan-gendai.com/news/54299  の映像の一部を拝借しました。

こんな成熟した大規模な大衆運動、世界に例があるだろうか? 

COVID-19 NHK独自の集計の日ごと感染確認者数が無くなり厚生労働数発表と同一に

2022/09/28

50日続けた COVID-19 日本のオミクロン ここで終了します

2022/09/27

BA.5の感染者数の推移。統計的には指数関数近似によく一致して終わりました。疫学的評価は分かりませんが予想以上の結果でした。

厚労省の感染者集計の方式が変わることで統計の継続性が絶たれます。

COVID-19 日本のオミクロン 終結と見てよいだろう

2022/09/26

感染者集計の基準が変わる。ここらでこのシリーズは終わりにすべきではなかろうか!

COVID-19 日本の感染者集計の統計根拠の断絶

2022/09/26

今日から日本のCOVID-19感染者確認統計の集計根拠が変わる。

日本方式: 現実的に可能な統計的に根拠のある感染者集計はこれしかないだろう。その証拠ともいえるグラフを示す。

今までは、発熱や自覚発症者など医療機関を受信した人のPCR検査を行い、陽性者を法定伝染病感染者として医療機関の届け出義務とし、居住者の保健所はそれに基づき陽性者とその密接関係者全員のPCR検査実施、厚労省はその日毎の陽性者集計数を発表してきた。一般市民の自発的PCR検査は認めてこなかった。

この方式を悪く言う専門家や、有識者、欧米崇拝者、商業メディア等が目に付いた。

しかし、例えば、国民全員を毎週強制的に検査をする、強権政治国家でもこんなことは不可能だろう。実行可能な感染者全員の社会的集計方法はない。自由にPCR検査して陽性が見つかってもその集計が統一的に行われなければ統計上の母集団とはならない。また、自由検査では陰性ならば1度だけでやめる人も、毎週とは言わないでも感染が気になる行動後には何度でも検査する人もいるだろう。

下のグラフは、現在までの日本の感染確認者数と、その時系列から求めた実行再生産者数の減衰率による指数近似感染曲線を重ねて示したものである。データはNHKの日ごと集計値を用いた。

これらを見て、日本の感染者推移の集計方式が統計的一貫性を持っていたことが分かろう。細かく見れば、第3次では乖離が見られるが年末年始の検査集計異常とも見られる。

第6次、7次ともいわれる感染については、

このように、統計的分析に耐える感染者数計方式が以後断絶する恐れを心配する。

今回は独断的ともいえる強硬な意見を書いてみました。どうか反論や理論の間違いの指摘などコメントを頂ければ幸いです。

COVID-19 日本のオミクロン 新しい変異の感染が心配だ

2022/09/25

3連休の最終日、感染確認情報の乱れかなら良いが。

COVID-19 日本のオミクロン

2022/09/24

COVID-19 日本のオミクロン BA.5終息の今 新しい感染力の強い変異発生の徴候をつかむには

2022/09/24

特定変異株の感染係数

特定の変異株感染が優勢の時

(感染確認者数の週移動平均ー指数近似感染者数) / 指数近似感染者数

この係数は蔓延株の優勢度を表し、この値がゼロに近いほど優勢な単一の変異株によることを示す指数と云える。

下図は、今回のBA.5の蔓延と見られる場合についてこの係数の推移を示したグラフである。

BA.5の感染がほぼ終息した現在、まだこの係数は上昇を始めていない。このことは、新しい感染力の強い変異株が現れていないことを示す。

前のブログ記事に書いたように、新しい感染爆発を軽く済ませるためには、初期の感染力の強い変異株を特定し、その感染者と密接関係者の注意深い医療保護の実施のみが有効であり、すべての感染確認者が増加してからの有効な防止策はない。

したがって、この係数の上昇が見え始めたら、感染者数が少ないうちにウィルスのゲノム分析を急ぎ、感染力の強い変異株を特定することが唯一の予防対策であろう。

COVID-19 感染者数の終息はウィルスのゲノムコピーミスから起こる統計的寿命による

2022/09/22

COVID-19 日本のオミクロン 

2022/09/23

3連休の集計異常が始まる恐れが?

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。