コンテンツへスキップ

高齢者運転免許放棄率 アメリカ・イギリスと比較して

2019/06/06

2017年当時の年齢で、70歳以上の5年区分年齢層が10年前に保有していた運転免許の放棄率を調べ、イギリスとアメリカの場合と比較した。この時点では、日本では高齢女性の運転免許保有率が少ないので統計的な意味はないが、ベイビーブーマーの世代では女性の免許保有率は高いので欧米型に近づくと思われる。

このように欧米では高齢者が継続して運転免許保有している。しかし公権力が高齢者の運転免許を取り上げる(継続を難しくする)ことは極力避けている。医学的又は作業療法士などによる公的なカウンセリングシステムは準備されている場合は多く見られ、任意で受けることが出来る。高齢者を強制的に自動車学校等で運転の欠陥を指摘しナーバス運転者を増やすような幼稚な政策は見られない。

以下に、私のブログ記事を再表示します。

20高齢者運転免許放棄率Ⅱ アメリカ・イギリスと比較して17/11/29

https://spaceglow.blog/2017/11/29/高齢者運転免許放棄率Ⅱ%e3%80%80アメリカ・イギリスと/

結果;この3国で、日本の高齢者の運転免許放棄率が、どの年齢層においても大きいことがわかる。アメリカとイギリスでは交通状態の国情が大きく異なることが原因と思われるが、日本とイギリスの違いはどこに原因があるのだろうか?

日本では、高齢者に対する厳しい交通政策が影響しているのではないだろうか?また自治体の運転免許の自主返納奨励による不用意な放棄が含まれるのではなかろうか。

5歳年齢層別運転者層の免許保有率(同年齢層人口に対する); 10年前と現在の保有率を同一母集団で追跡比較した。保有率はそれぞれの時点での層の人口で算出しているため病死などの人口減効果は含まれない。運転免許保有率の減少効果は、健康の不調による運転適性不良による放棄と見るべきであろう。

自動車運転に関しては男女に違いがみられるのでここでも分けてグラフにした。

男性に関しては日本の傾向は他の2国と変らないが、女性に関しては日本は特異な形状を示している。この原因を見るため日本の男女の運転免許保有率を比べたのが下のグラフである。上のグラフで違いの大きい80歳以上の女性運転者は日本では極端に少ない稀な状況にあり統計的に意味がないことに気付く。

関連

日本の緊急交通事故死者対策は歩行者と自転車交通に対してでありこれに関与するのは圧倒的に有職年齢層の運転者であり被害者は高齢者 高齢運転者ではない  

日本の緊急交通事故死者対策は歩行者と自転車交通に対してでありこれに関与するのは圧倒的に有職年齢層の運転者であり被害者は高齢者 高齢運転者ではない  

高齢運転者の対人身事故件数と自転車+歩行中の負傷者数の真相

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。