コンテンツへスキップ

交通事故死傷者の報告規準の必要性 

2019/04/17

深刻な交通事故死傷者の報告

IRTAD、ポリシーインサイト、 

2011年12月1日

  • 道路事故による死傷者の総合的な全体像は、道路事故の影響を全体的に評価し、経過状況を監視することが必要です。
  • 傷害情報は致命的な衝突に関する情報を充実し、衝突事故をより完全に把握するのに必要であります。怪我に関する情報は国際比較のためにより重要になるはずです。
  • 警察のデータは、交通事故統計の主要な情報源であることは確かです。ただし、問題が過少報告され、バイアスがある可能性があるため(たとえば、車種別の報告率が異なるなど)、警察のデータは病院のデータで補完されるべきです。これは次に有用な情報源です。
  • 幾つかの国では利用可能な病院の救急部か​​らのデータが得られ、その場合、定期的に監視されるべきであり、それらが道路の犠牲者にもっと光明を当てるかもしれないかどうか決定するために調査されるべきです。
  • 怪我の重症度の評価は、事故現場で警察官によってではなく、医療専門家によって行われるべきです。
  • ICD国際疾病分類を使用して(道路交通)傷害を体系的に分類し、重症度を短縮略傷害尺度(AIS)または最大短縮傷害(MAIS)などの指標で評価するために、医療スタッフは訓練されるべきです。この情報は – 個人情報なしで – 統計目的、政策立案および研究のために容易に利用可能にされるべきです。
  • 警察のデータや病院のデータ以外にも、他のデータソースが利用可能です。これらは単独では価値が限られており、警察や病院のデータを置き換えることはできませんが、よりバランスのとれた包括的な全体像を構築し、主なデータソースを充実させ、品質チェックとして使用できます。
  • データをリンクするために、一意の個人識別子が利用できる場合は決定論的方法が好ましいが、そうでなければ、統計的方法が良い代替案です。
  • capture-recapture method(捕獲 – 再捕獲法を使用するのに必要とされる6つの仮定?)は慎重に考慮されなければならない。警察と病院のデータをリンクすることと組み合わせてこの方法を使用することは、道路の死傷者のより完全な全体像を与えるために適切かもしれません。
  • 国際的に合意された「重大な」傷害の定義を決めることは、安全性研究コミュニティが道路事故の結果をよりよく理解し、進歩を評価するのに役立ちます。既存の知識と慣行を踏まえて、IRTADは、最大の略傷害尺度で(レベル3以上)評価された傷害を持つ人、すなわち「MAIS3 +」として「重傷を負った道路上の死傷者」を定義することを提案します。

私の感慨

日本で、は交通事故の犯罪性を摘発する警察のバイアスがかかったデータだけが唯一の判断基準であり、交通安全政策の起案は警察庁の当然の業務のように思われ、素朴な思い込みが交通法制の根拠になっている感がある。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。