コンテンツへスキップ

旅行モードの違いによる道路暴露ベースの交通事故死亡率 交通モード別

2019/03/07


旅行モードの違いによる道路暴露ベースの交通事故死亡率  モード別 フランスの場合。

自動車交通先進国では乗用車による交通量が突出しているので上のグラフでは数値軸を対数表示で表した。フランスの都会では自動2輪車(MTW)の利用が特に多く死亡率も高い、他のヨーロッパ諸国に無い特長が見られる。

乗用車利用と歩行・自転車の死亡リスクに大きな違いはないように見える。グラフ右端の公共交通機関単独のリスクは極端に少ないが、他の交通モードとは違いバスや電車だけでは旅行の目的を達せられなく歩行や自転車など他の交通を伴うのでこの比較は意味をなさない。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。