コンテンツへスキップ

警察庁交通事故データーベースは大丈夫だろうか? 国内と国際公表データに使い分けはないだろうか?

2019/03/02

事故分析と予防第38巻、第4号、2006年7月。

フランスでの交通事故死傷者の過少報告

ほとんどの国で安全性調査の基礎となっている警察の事故データは不完全で偏っています。ここでは、フランスでの過少報告の程度、およびそれが死傷者および衝突事故の特徴とどのように関連しているかに焦点を当てます。

過少報告はまた、道路の種類、道路環境(大都市圏/農村部)、および警察力の種類によっても異なり、いずれも構造的に依存しています。

結論

警察の事故データに基づいた研究はすべて、非常に誤解を招く可能性があります。したがって、私たちはローヌの道路外傷登録簿を全国レベルに外挿することによって、交通事故死傷者数の公平な推定値を得ることに取り組んでいます。

論文の一例、趣旨の概略。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。