Skip to content

政策立案者は、道路の安全政策を適応させるために、計画の背後にある要因を徹底的に理解すべきである、 年間死者数が少なく統計的変動を反映するだけであるにもかかわらず、死亡者の増加を報告している国も少なくない

2017/12/31

IRTADのRoad Safety Annual Report 2016 エグゼクティブサーマリーの一節より。

政策立案者は、道路の安全政策を適応させるために、計画の背後にある要因を徹底的に理解すべきである。

例えば、2015年に見られた比較的劣悪な道路安全性能の背景や、最新のデータでは、IRTAD諸国における交通事故死者数の減少の中断が示唆されている現象を分析し、観察されている何が偶発的であるか、単発的な欠陥年度にすぎないのか、あるいは悪化の傾向の始りであるかを見極めるために、注意深い調査と監視を必要とする。

”年間死者数が少なく統計的変動を反映するだけであるにもかかわらず、死亡者の増加を報告している国も少なくない”。

まるで日本の警察庁やそれを丸のみにしている地方の公安局、メディアの記事に対する警告のようだ。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。