コンテンツへスキップ

COVID-19 日本のオミクロン? ゲノムの再生コピーミスによる自然減衰 それが収束の主原因では

2022/02/10

今、世界では、社会活動規制は感染防止の効果より、社会活動の損失の方がが大きいことに気が付き始めたかに見える。

日本の現状、週移動平均値がやっと水平に、それに次ぐ後ろ向き平均値でも下降の傾向が(グラディエーション棒)、オレンジ曲線は変異ウィルスの減衰モデルによる感染者数の近似推移。半減期18日の場合。

来週を見なければ確実ではないが、天気予報の様に先の予測は必要だろう。

政治家や、メディアに重宝される専門家と云われる人々。警告ばかりで収束を予測をしない不思議。政治家や行政の責任者に感染の頂点の近いのを耳打ちし終息を彼らの功績にしたいのか?

終息の根拠の明確な証拠が見えない政治権力による社会規制、感染防止の効果より社会活動の損失の方がが大きい。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。