Skip to content

ヨーロッパにおける高齢者の道路交通のリスクと対策に見る 交通安全政策の対応 総合最終報告の趣旨

2018/04/21

ヨーロッパにおける高齢者の道路交通のリスクと対策に見る 交通安全政策の対応 総合最終報告の趣旨

https://ec.europa.eu/transport/road_safety/sites/roadsafety/files/pdf/studies/eldersafe_final_report.pdf

第1章;「シルバー・プル―フ」 交通安全政策

高齢者は将来、ヨーロッパ人口のかなりの部分を占めることになり、総交通量の動態に影響を及ぼすと予想される。移動の容易性(モビリティー)は高齢者(論文1995年)の生活の質にとって基本的な前提条件である。いくつかの研究は、移動手段による家を離れる機会が長寿、生理学的幸福、社会的統合、独立、健康上の利益、老齢で働く感覚 (1999) と関連していることを明らかにしている。高齢者の道路利用者は少数派のグループから道路利用者の重要な構成の一つになる。この変化は高齢者だけでなく、他の年齢層の道路利用者の行動にも影響する。そのため、高齢者にとっては、運転から、公共交通機関、サイクリング、歩行などの移動がますます重要になります。

第 2 章では、本研究に用いられる方法論に関係する記述。

第 3 章では、高齢道路利用者のリスク要因をレイアウトすることから始め、高齢者の道路事故の深刻度を低減するために効果的な改善の一般的な分野を考察する。

第 4 章では、高齢者道路利用者の安全性を向上させるための対策を具体的に検討する。

第 5 章では、高齢道路利用者の視点から最も有望な対策を選択し、適切に特定する各対策の政策行動を検討する。

第 6 章では、本研究の最も重要な知見と推奨事項を要約する。

最後に、この最終報告書は、本報告書に記載されている根拠を検証できるよう文献情報と、表および数字を含む付属書によって完結されている。

追記:思うこと

この報告書は、前世紀1993年頃からの400あまりの参照した文献のリストを付記して構成されている。

改めて日本の高齢者に対する「運免許返納」キャンペーン、高齢者を運転から排除すれば公通全体が安全になるの非科学的な統計の誤った迷信により高齢者の公衆健康あるいは人権差別に気付かない幼稚で無責任な安全政策との違いを実感する。

( )内の年号はこのレポートで参照された論文の公表された年号を参考のため記入した。ヨーロッパでは前世紀末からこのような研究が始まっていることに注目できるように。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。