コンテンツへ移動

ガードレール切断面の安全性 串刺し事故は運転者だけの責任か?

2014/09/24

 

危険なガードレール日本

何の端面処理もない危険なガードレール。2009年、現在は道路改修により撤去された。私のブログ「危険なガードレール 串刺し事故の責任はどこに」より。

串刺し事故岡山

http://minkara.carview.co.jp/userid/124785/car/1045701/3811711/photo.aspx

 

アメリカでは、ガードレール端面による死傷事故は認識されていて。レールの端面にはめ込んで車内が串刺しになることを防ぐばかりでなく、ガードレールが車内に入らないよう外向きに変形させることで運動エネルギーを吸収し、できるだけ乗員の死傷を防ぐ工夫をした製品が適用されている。

ガードレール端面のいろいろ

http://store.americantimberandsteel.com/guardrail-products-end-terminal.html

Fleat-350衝突

ガードレール端面SKT350

SKT-350

ガードレール端面SRT-350ガードレールSRT-350設置図面

この場合にはレールの開始部分を道路より外して運転を誤ってカーブを飛び出した車が端面に斜めに衝突をするよう設置している。いずれにしても、衝突時の運動エネルギーを時間をかけて吸収するよう力学的配慮がなされている。

訴訟問題になった端面装着器具の動作と、サイズ縮小による事故原因の因果関係。ブルーグバーグニュース

ガードレール端面ET-Plus

テストによる動作確認。ガードレールを道路の外側に巻き込むようにしポストを次々に倒しながら時間をかけて車を停止させる様子。車内が串刺しにならないばかりか、運転者が受ける加速度G値の最高値を小さく保つことで安全を守っている。Crash Test Video: See the “ET-Plus Guardrail Promo Vid” より

ET-Plus衝突画像正面ET-Plus正面衝突2

ガードレール端面ET-Plus小型事故

サイズの無断縮小による動作不良の証拠写真。

http://www.bloomberg.com/infographics/2014-06-12/guardrail-design-lawsuit.html

ET-2000Plus縮小2005

各国の一例

一般に自動車交通先進欧米諸国ではガードレール端面を地面に埋め込み、車がレールに乗り上げるようになっていて串刺し事故を防いでいる。各国の例を示す。

ガードレール端面ガードレール埋め込み

アメリカ

ガードレール端面画像93ガードレール端面画像99

スペイン

道路標識18画像87

イタリア

 

日本では道路管理者は無関心。事故はすべて運転者の責任とされ、上記の様な配慮がないために道路安全設備会社の同様な開発の動機もない。

私のブログ動画 2009年

危険なガードレール 串刺し事故の責任はどこに

https://spaceglow.wordpress.com/2009/10/29/%E5%8D%B1%E9%99%BA%E3%81%AA%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%80%80%E4%B8%B2%E5%88%BA%E3%81%97%E4%BA%8B%E6%95%85%E3%81%AE%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E3%81%AF%E3%81%A9%E3%81%93%E3%81%AB/

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。