コンテンツへ移動

スピード制限標識 日本、ニューヨーク州、マサチューセッツ州の場合

2014/08/11

日本:

これは望遠レンズでの映像ではありません。運転席からソニーのサイバーショットで撮ったものです。こんな急カーブ50km/hで突っ込んだら回り切れません。事故になるのは必至です。ここはよく通る道ですが、対向車がなく同乗者もない場合は30~35km/h、対向車のある場合には20km/h程度で無ければ通れません。私だけでなく、先行車がある場合それに追随して速度を計って見てもほぼ同様です。

この非常識な速度標識、運転者が盲信すれば「交通事故誘導標識」となります

DSC08582

こんな標識を立てた道路管理者の責任感が信じられません。

アメリカの例:

以下に、私が昔何度か通ったことある美しい山岳道路。もう一つは、人口密度が高いロングアイランドの住宅地の学校付近の普通道路の速度標識をグーグルストリートビューの映像から選び転載しました。対向一車線の郊外道路では、無標識の場合88km/h(55MPH・マイル/時)が原則です。

したがって、速度制限標識は、標準速度で通過できない場所の手前にだけ表示されています。

下の画像は先にある急カーブの方向とそこを回る適正速度32km/h(20MPH)が表示されています。これはもちろん、どんな気候条件でも安全を保障するものではなく、運転者から見えない先のカーブの度合を具体的な数値で知らせ、安全な通過速度を判断できる様にする標識です。

速度標識3

下の映像は。曲がる方向矢印が反対に見えるが、運転席から見えるゆるいカーブではなくその先の見えにくいカーブの方向と通過速度48km/h(30MPH)を示しています。

カーブスピード併用2

州によって表示方法は変わり、下では速度標識とカーブ標識が別になっています。

速度規制25

スピード併用モホークトレイルスピード標識3

下の場合には極端に遅い制限速度24km/h(15MPH)、運転席から見ると不審に思うが、先の丘の頂点を過ぎたところに隠れたヘアピンカーブがあります。

スピード標識1

これはヘアピンカーブに到達したときのもので、画面左下の地図でここがヘアピンであることが分かります。

ヘアピンカーブ1

公立学校の通学はすべてスクールバスを利用しますが、下の2枚の画像はスクールバスの安全運行を前もって知らせるものです。

スクールバス標識スクールバスターン標識

スクールバス画像img005

上の画像は小型のスクールバスで、横に見えるストップサインは子供の乗降中開き、この間中すべての車は停止して待つ義務がります。イラストは運転免許試験のマニュアルから取ったものです。

下の画像では、学校のある週日、午前7時から午後6時まで速度が制限されるという標識で、標識の他に路面にも書かれています。この映像では道路の右側遠く中央に小さく見える煉瓦建ての建物が中学です。ここから制限速度は40km/hになります。

学校路面併用2

学校の前に差し掛かると横断歩道には一旦停止のサインがありました。

JFK中学前横断歩道

 

最初に例に挙げた山岳道路、ボストンからオーバニーのアパートメントまで350kmほどを雪交じりの雨の夜間、この道を通って帰ったことがありましたが、この様な道路標識に助けられそれほど苦労することなく無事運転できました。

日本や、イギリス、スウェーデンなど世界で自動車事故の少ない国に比べれば、アメリカは車の事故死傷率は大きい。しかし、この様な道路標識が役立たないというのではなく、アメリカでは生活の必要上、運転距離や時間が長いことが原因していると見るべきでしょう。歩行者の死傷は日本よりずっと少ないのです。

日本の道路管理者に言いたいのは、自分で運転して外国でのいろいろな道路管理を体験できなくても、疑似体験として、運転者の立場でこのようなストリートビューを見るだけも全くあなた方がやっていることが非常識で無責任であることが分かるはずと思います。にもかかわらず、日本の運転者の事故率が世界一低いのは、運転の助けにならない道路標識を無視してストレスを感じながら自己判断で運転している成果と云えるでしょう。また最近のカーナビの普及は、安全に役に立たない道路標識を補うためともいえるでしょう。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。