コンテンツへスキップ

尊厳死・安楽死・QOL・Living Will

2006/04/02

尊厳死

尊厳死(そんげんし)とは、人間が人間としての尊厳を保って死に臨むことである。

本来、病死を含む自然死であれば人間は尊厳を保ったまま死にゆくことができるはずである。しかし医療の発達によって延命技術が進歩したため、死を迎える段階でただ「生かされている」だけの状態となってしまうことが多くなった。 こうした状態で死に臨むことを望まない立場から、「尊厳死」の概念が発生し広まってくることとなった。 また、病気の苦痛にさいなまれた状態から解放されて死を迎えるというのも尊厳死の一部である。

尊厳死を保つための手段のひとつとして、まず苦痛から解放されるためにペインコントロール技術の積極的活用が挙げられる。 そして、無意味な延命行為の拒否(消極的安楽死)も挙げられるが、実際に死を迎える段階では意識を失っている可能性が高いため、事前に延命行為の是非に関して宣言するリビング・ウィル(Living Will)が有効な手段となる。

安楽死

安楽死(あんらくし)とは、末期がんをはじめとした「治療不可能」かつ「苦痛の強い」疾患の患者を救済するため、医師などが積極的あるいは消極的手段によって死に至らしめる事。

QOL悪化防止の唯一の手段が死亡でしかない場合の最終手段であると言える。医療の目的を病人の治療とするならば安楽死は医療の目的と正反対と言うことになるが、病人の苦痛を取り去ることを目的と考えるなら立派な医療行為と解釈することもできるものである。

クオリティ・オブ・ライフ

クオリティ・オブ・ライフ(Quality of Life,生活の質,略語:QOL)には、広義のQOLと狭義のQOLがある。広義のQOLは人生の質とも訳され、この場合のQOLの向上とは患者のみならず市民の健康増進を図る事を意味する。狭義のQOLは生活の質とも訳され、この場合のQOLの向上とは患者の日常生活をどれだけ苦痛の少ないものにするかと言う意味で用いられる。

以上、

Babylon 辞書より (Wikipedia.org の内容)

Living Will: U.S. Living Will Registry を例に取ると、医療ケアーの意思を個人や家族が登録するシステムがある。この記録をオンラインで医療機関は見ることが出来る。アメリカの場合、連邦法の他に州法があり、法律的な効果は一律ではない。連邦法では、各病院に相談窓口を置きこの登録の法的効力を含め事前に説明する様要求しているようだ。

とにかく、このような倫理と、個人の尊厳の問題を法律で一律に決めるのは、不可能だし間違っている。法律が無いからといって関係者が困難な問題から逃げ患者・家族の意思を無視するのも独断的”医療行為の一つ”であり責任は重い。

患者自身の意思の事前登録を含め、患者、家族、医療関係者が経過を公的に確認できる方法で記録しておくシステムが必要である。その際、登録内容が法律に守られるかどうかを、細部についてまで問題にしないことの合意を得て作成することである。  尊厳死 

9件のコメント leave one →
  1. ganzy permalink
    2006/04/06 00:06

    ブログ回復までの仮住まいを探しています。
     
    仮住まい探し実験の第一号ができました。
     
    ご覧になってください。
     

    http://ganzy.at.webry.info/200604/article_1.html

    いいね

Trackbacks

  1. 長期継続して読んでいただいている私のブログ記事 «
  2. 延命治療 臓器移植 本人の意志と 家族の希望 «
  3. 死亡選択遺書か 終末医療指示書か 終末医療プログラムの選択か 人生の終末期の尊厳に関する考察 NHKスペシャル放送後 沢山の表示を頂いている私のブログ | 退職地球物理研究者のつ
  4. 死亡選択遺書か 終末医療指示書か 終末医療プログラムの選択か 人生の終末期の尊厳に関する考察 NHKスペシャル放送後 沢山の表示を頂いている私のブログ | 退職地球物理研究者のつ
  5. 死亡選択遺書か 終末医療指示書か 終末医療プログラムの選択か 人生の終末期の尊厳に関する考察 NHKスペシャル放送後 沢山の表示を頂いている私のブログ | 退職地球物理研究者のつ
  6. 死亡選択遺書か 終末医療指示書か 終末医療プログラムの選択か 人生の終末期の尊厳に関する考察 『NHKスペシャル放送後二日間に多くの表示を頂いたとみられる私のブログ」 | 退職地
  7. 終末期医療 透析しない選択肢 | 退職地球物理研究者のつぶやき
  8. サイトのタイトル

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。