コンテンツへスキップ

COVID-19 日本のオミクロン 変異株と思われる感染近似曲線と7日移動平均感染確認者数

2022/05/18

オミクロン株と云われる感染者時系列変化は収束が悪い。これを続々と生まれる新たな変異株によるものと仮定し、各感染増加時の簡易再生産者率の時系列変化から感染者推移を試算し重ね合わせてみた。

参考資料として、実勢感染確認者数と合計感染予測値との残差を下のグラフに示す。

以上は単に数字での近似試算値であり、ウィルスの特性や感染の科学的根拠として主張するものではない。

この推定試算結果が科学的に説明できなければ単なる遊びに過ぎないが。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。