コンテンツへスキップ

COVID-19 日本のオミクロンとその変異体BA.2の感染割合の推移

2022/03/24

ワシントンポストが分析したコロナウイルス遺伝子配列のGISAID国際リポジトリに記録されているように、オミクロンのBA.2サブバリアントは、すでに世界で最も優勢なコロナウイルスの形態です。

日本でもニュースによると変異株BA.2が検出されているようですが科学的に分析できるようなデータベースを私は見つけることが出来ません。

そこで、昨日まで連続で投稿してきた第6次及び第7次近似感染者曲線を用い、仮に第6次をオミクロン株、第7次をBA.2サブバリアントによる感染として感染者の割合のグラフを描いてみた。グラフの時間軸は2022/1/7日からの週移動平均推移である。

下の組みグラフは比較のために、ワシントンポストの記事 How fast omicron’s BA.2 variant is spreading around the world からの画像コピーである。私のグラフとは時間軸が異なることに注意。

コロナウイルス変異体の世界的なチャートは、オミクロンの元のバージョンがデルタ変異体を追い抜いた12月と1月の間に小さなシェアとしてオミクロンの暗赤色のBA.2サブバリアントを示しています。BA.2は、全体的な症例数が減少しているため、2月と3月に元のオミクロンを絞り出し始めました。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。