コンテンツへスキップ

COVID-19 日本のオミクロン? 追加死亡率 日本だけが平年以下

2022/02/19

日本の報道メディアでは連日COVID-19の死亡者増を危機的見出しで強調しているが、これはどうしたことだろう。

下のグラフはOWiDが収録した過剰死亡率の時系列を描いたものである。この期間日本だけが終始平年以下、わが国と関係に深い北半球の国々は皆過剰死亡率が増加していることが見られる。

日本政府の公表値は悪例高い厚労省、統計捏造というなら別だが。他の関連するデータとの整合性から見てこれを言う証拠は見られない。

新型コロナ発生以降かえって超過死亡率が減少しているのはどう見たらよいだろう。これは感染を防ぐために各個人の衛生管理の努力の為ではないだろうか。この状況は2020年末まではドイツでも見られる。韓国でもこの期間終始平年と変わりない。

なお、先進各国は死亡統計を週間毎に集計しているのに対し日本では月間統計である。このような統計軽視の状況も日本政府の公表が異質のものとして疑われる根拠ではなかろうか?

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。