コンテンツへスキップ

COVID-19 日本のオミクロン? 積算感染者数で見る増加の様子

2022/01/14

ここ3日間、感染確認者は急増に見える。メディアのニュースでも感染確認者数の同前週日の数との比を計算して何十倍と騒ぎ立てている。しかし下のグラフで見るように連休の確認落ち込みの積み残しの加算修正で増加したようにも見える。当然のことながら、ウィルスの活動に土日も連休もない。

そこで、オミクロン感染が始まったと考えられる今年の1月1日よりの積算感染確認者数と、予想感染者数の日毎積算値の増加曲線を比べてみた。

これで見る限り感染増加率の頂上はすでに超え下降を始めていると云っても間違い無いように見える。

先のブログでも触れた様に、モデルを仮定した予想である限り外れることは当然あることであり、その場合、その原因を求め修正を考えることが科学と思っている。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。