コンテンツへスキップ

COVID-19 公表されているPCR検査による陽者数がどうして拡大収束を繰り返すのか。

2022/01/11

PCR検査で陽性と確認された人の日系列数がどうして「波と云われる」拡大・収束を繰り返すのか。特に収束の理由は?

日常のメディアニュースでは、感染爆発の予告はあっても、収束に答える専門家と云われる人の説明を見ない。しかし世界各国のデータを見る限り、現実には2020以降4回乃至6回の増減を繰り返している。しかも、ピークの感染者数は何れも集団免疫には程遠い少なさである。

PCR検査とはpolymerase chain reactionの略で、日本語ではポリメラーゼ連鎖反応と呼ばれ、その原理としては、DNAポリメラーゼという酵素によりゲノム内の検出したいDNA配列部分だけを増幅するものです。注1)

このことから、ウィルスがDNAコピーのたびに変異しPCR検査であらかじめ予期した陽性反応を示さないものに変われば収束するように見える。言い換えれば、注目すべき感染性や病原性の強い特定の変異ウィルスが減少することとなる。

このことから特定のウィルスの統計的寿命、指数減少率の半減期で数式的に近似できるはずである。

現在、連続して発表している私のブログ記事はこのモデルによるものです。

注1) PCRの問題点: 基本的な問題点として、あらかじめ検出したいDNA(RNA)配列の情報がないと検出用プライマーが用意できないため、未知のDNA(RNA)を発見することはできません。ウイルスのRNA配列は常に変異するため、前に使ったプライマーが現在も同様に使えるかがわかりません。

正しく知ろう!PCR検査の仕組みとは? 宮川 隆、 東京大学医学部附属病院 放射線科 核医学部門 助教。 https://rikunabi-yakuzaishi.jp/article/column/pcr/

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。