コンテンツへスキップ

COVID-19 第5次感染爆発 変異ウィルス(δ株)の寿命を考慮した感染収縮の考察

2021/12/15

初期実効再生産者率Ro:1.19、寿命半減期T:150日、初期感染者数100名、バイアス感染者数:150名として感染者数日変動を計算し実勢値と比べてみた。赤線が近似値。青棒が日感染確認者数。変動が大きいので感染者数は対数軸とした。

この定数の場合には、初期感染者のRoから実効再生産値が1.0になる日程は38日(約5~6週間目)でこの時感染者数のピークになり以後減衰する。

このグラフ、どう評価すべきであろうか?

補足:

上記で用いた推定再生産率とOWDデータベースのreproduction_tate値との比較。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。