コンテンツへスキップ

COVID-19 感染防御に成功した北半球極東アジア諸国の成果が明らかに

2021/07/29

OWD ウェブ1) の膨大なデータベース、その中でグラフ画像で見ることが出来る素晴らしいシステムを使って分析を試みた。

COVID-19感染を防止する各国政府の強制度指数Stringency indexと感染者数との関係を調べた。

その結果は、COVID-19発生初期の感染防止対策のStringency_indexが大きい国ほど以後の感染者発生数が少ないことが分かった。

分析の方法は、Stringency_indexが出そろった初期、2020年2月10日の北半球一部の国の指数を初期値として2021年5月30日と6月27日の新規感染確認者数との関係を調べた。

下のグラフは、2020年の1月16日から3月7日までのストリンジェンシーインデクスを見たもので、グラフ中の表はここで用いた国名とその指数値である。

下の二つのグラフは2021年5月30日と7月27日の当日集計の感染確認者数の公表値である。2つの時期について注目したのは、イギリスで確認された変異デルタ株の発生以前とみられる6月以前と直近の状況とを比べるためである。

表のデータを順位を付けてまとめたのが下表である。

下の二つのグラフは、Stringency_indexに対する確認感染者数との相関図である、

左の図、5月30日の場合は各国政府の感染防止策が効果を示していると云えよう。右の図はデルタ株の影響と見られる感染増加(韓国、イギリス、スペイン等赤色印)が見られる。

結果、はっきりしたことは、まん延防止には、発生極初期の隔離政策が重要で、それを怠った国々ほと強い感染爆発が見られることである。

日本では、PCR検査に制限を加え無作為に行わなかったことへの非難をする有識者と言われる人の発言が一般的だがそれは間違いと思う。

感染の可能性の強い環境にあって発熱症状が継続する人を検出、その結果陽性が確認された場合、その人と密接な関係にあった人へのPCR検査に集中し、医療資源の投入と隔離治療システムを守った結果であろう。

発生当初のStringency_indexで見る限り、極東諸国の、韓国、台湾、シンガポール、日本の防疫システムが欧米諸国に比べ初動で有効に働いた結果であろう、「ファクターX」ではないと信じたい。集団免疫に期待した国ほど大きな災害に発展したと云えないだろうか。

1)

https://ourworldindata.org/explorers/coronavirus-data-explorer?zoomToSelection=true&time=2021-05-16..latest&pickerSort=desc&pickerMetric=stringency_index&Metric=Confirmed+cases&Interval=7-day+rolling+average&Relative+to+Population=true&Align+outbreaks=false&country=USA~GBR~DEU~JPN~ITA~ESP~TWN~SGP~KOR~SWE

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。