コンテンツへスキップ

COVID-19 感染再生産率 昨年と同時期の比較 イギリスだけが増加 我が国と交流の深い北半球の国の間で

2021/06/25

更に悪いことに、イギリスでは感染力が1.8倍近くもある変異ウィルス”デルタ株”が蔓延し始めたというニュース。1)

OWD データベースより昨年と今年、3月15日より6月20日 までの感染再生産率時系列を比較してみた。イギリスだけが明らかに他の国とは反対に直近の感染再生産率が高いことが分かる。もちろん感染は社会の活動状況の影響が大きく、単に変異株の感染力だけとは言えないが、インドが発生源と言われるこの変異株、インドとの交流が深いイギリス、この新しい変異株の侵入が検出されている。

https://github.com/owid/covid-19-data/tree/master/public/data

1)日本でも見られ始めた。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210610/k10013077751000.html

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。