コンテンツへスキップ

COVID-19 感染再生産率 公共の交通機関制限は効果が無い様だ

2021/06/17

公共交通機関の制限率と感染者再生産率の関係を見てみた。感染増加初期では交通機関制限が感染増加に効果があったように見られるが2020年8月以降その関係は見られない。もちろん、国にによって交通機関利用状況が大きく違い比較は無理だが。通勤や生活に公共交通機関の利用が多いと思われる日本や韓国、次いでイギリス。普通の通勤や生活に殆ど利用しないアメリカ。それでも、下段右の表の様に明らかな違いは見られない。

OWDのデータより。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。