コンテンツへスキップ

COVID-19 2週間再生産率推移による予測 5月14日を起点として

2021/05/14

5月13日までのNHK集計のデータ系列による2週間簡易再生産率の関数予測近似による試算。

下のグラフで、5月13日までの日ごと感染者の集計値(青棒)と予測計算値(オレンジ棒)の状況を表している。

下のグラフは和歌山モデルと言われる感染状況の様子を示したもので、非常に優秀な感染防止経過と今後の予想値。

東西の交通の要衝にありながら感染率が低い状態を続けている静岡、今月末が心配される。5月連休の影響が響く。

4特別警戒地域はいずれも収束が予想される。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。