コンテンツへスキップ

ずるいぞ コロナ感染爆発の頂上が見えてから緊急事態宣言 総理の判断間違い無しの実績作りか? 官邸スタッフの悪知恵が透けて見える 何もしなくても下降が予想されるのでは?

2021/04/22

何度もこのブログで発表してきた単純ながら大きな間違いのなかった感染予測。

大阪の例、今日までの後ろ向きデータによるこの先2週間の感染予測。オレンジ棒が予測感者染数、青色が公表された日ごとの感染確認者数。赤線は予想感染者数の1週間移動平均。

前回4月10日までのデータによる予測では頂上が予想されても、はっきり見えていなかった。予測ではなく、現実の感染確認者数の下降が見え始めてから非常事態宣言を発令する魂胆と見る。

この予測、不安材料は感染率が高いといわれる変異ウィルスの増加で、計算の基本としている2週間感染再生産率が増加に変わることである。

政治の悪口が過ぎると云えなくもないが、日本だけでなく世界の先進国と言われる国々の指導者も似たり寄ったりに見えるがいかがでしょう。根拠を証明できない話は書きたくないが!

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。