コンテンツへスキップ

COVID-19 統計で見る医療現場のひっ迫度

2021/01/03

感染活性者: 他者に感染させる可能性を持つ保ウィルス者、大まかに言って感染確認から4週間以上たった感染者は免疫集団となり感染に関しては安全者である。

明日以降の感染予測には、今日の感染活性者の累積人口と、死亡者についてはその致死率の推移である。その様子を下のグラフに表した。

これを見ると、感染活性者の急増と、死亡率の増加傾向が合わさって医療を必要とする人たちの急増が分かる。

その状況の記事をシェアします。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

<span>%d</span>人のブロガーが「いいね」をつけました。