コンテンツへスキップ

COVID-19 アメリカが死亡者の多い理由

2020/10/08

疫学者は、新型コロナウィルス(SARS-CoV-2)遺伝子系統のランダムな突然変異を研究して、上図の様な系統図を表しています。

これと、下の二つの画像での色分け密度を見る限り、アメリカではヨーロッパに多い遺伝子系統群20D,20Cウィルスが伝搬し蔓延した様に見える。

東アジアでは様相が異なり、19A,19Bが多く見られる

単に画像から見た色分け、統計的には正しくないかもしれないがこんな感慨が浮かぶ。

もう一つ、トランプ政権のアメリカへの入国制限、中国からは早かったと思うがどのように国、地域別で行ったか、又合わせて時期も知りたい。 世界の科学水準の最高峰が集まっているアメリカ、大統領選挙に見られる政争の具ではなく正しい分析の情報が望まれる。

ウィルスの遺伝子は変異する 世界のCOVID-19は 重症度も拡散状態も一様ではない

2020/10/01

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。