コンテンツへスキップ

COVID-19 に対する日本のアプローチ:厳密なロックダウンや広範囲にわたるテストなしに、COVID-19と共存することを学ぶ。

2020/09/24

厚生省のデータを用いて、第二次(波)のPCR監査によるCOVID-19感染確認者数から推定した予測死者数と実際に発生した日死亡者数の週間(7日)移動平均値を比較した。

死亡者は感染確認者層の変動値より約22日遅れで発生し、その日発生変動曲線は確認感染者数と非常によく一致している。この日間遅れで調整した総計死亡者数は9月10日時点で感染確認者数の1.1%と計算された。

グラフの青棒は1日当たりの感染死亡者数の週移動平均値であり、オレンジ曲線はPCR検査による感染確認者数から推定した死亡者数である。これを見る限り日本のPCR検査体制が合理的で過不足なく安定して正しく行われていることが分かる。

過激な外国の状況に目を奪われたメディア。それにより醸成された認知バイアスの掛かった日本の世論。正当な評価を誤っているのでは?

気張らない評論の一例

COVID-19に対する日本のアプローチ:厳密なロックダウンや広範囲にわたるテストなしに、COVID-19と共存することを学ぶ。

感染症が衰退するにつれて、この方法は、マスクを着用する仲間の圧力と、無症候性の広がり、スーパースプレッダーイベント、およびエアロゾル伝播の早期受け入れのおかげで機能しているように見えます。  
 
戦略のカギ:ロックダウンの代わりに、日本は「3 Cs」の回避を促進しました:換気の悪い閉鎖された場所、混雑した場所、そして密な接触の設定。
 
しかし、批評家は、日本の「中途」は中国や韓国などの同地域社会に比べて相対的に正常に戻るのに時間がかかるルートであり、世論調査では依然として低いスコアであると述べています。
 
ワシントンポスト

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。