コンテンツへスキップ

COVID-19 パンデミック 世界は一様ではない JHUのダッシュボードグラフより 日米の顕著な特徴 

2020/08/28

JHU(ジョーンズ・ホプキンス大学)のダッシュボード画像より見た世界の第一次二次パンデミックの様相。

典型的な二つの画像による分類。左系列は日本・アメリカ型、第二次確認感染者数が大きく、死亡者数も多いい場合。

右はヨーロッパ型、第一次感染者に比べ第二次はわずか、第二次の死亡者増は殆ど見られない国々の場合である。

上の表は、幾つかの国について、感染者時系列数分布と死亡者数分布を目視で分類してみたもので、主として北半球の国々に注目した。際立った特徴は、西ヨーロッパ諸国は二次感染増加は少なく、死亡者増は殆ど見られない。

それに比べ社会システムの近い、人口の多い日本、アメリカでは二次感染が強く表れている。この原因がウィルス(SARS-CoV-2)の変異なのか、政治社会の規制の影響か、究明が重要と思われる。

南半球の国々は現在、冬季から春にかけての季節的効果の関係かもしれないが、感染増加が現在進行中に見える。

何れにしても、特徴の顕著な少数例を取り上げて、それを一般化することは間違いであることを証明している。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。