コンテンツへスキップ

COVID-19 (新型コロナウィルス)感染状況の時系列分析の一例 厚生労働省プレスリリースより

2020/08/25

厚生労働省は「新型コロナウィルス感染症の現在の状況と厚生労労働省の対応について(日版)」として、各自治体のウェブサイトで公表している数値等を積み上げたものとして公表している。

下のグラフは、PCR感染確認者数、死亡者数、重症者数の日発生数とその週間移動平均値(中央値)の推移を描いたものである。PCR検査陽性者数に合わせるために各系列の値に掛けた倍率を凡例に示した。

これを見ると、確認陽性者の上昇が始まってから、14日遅れで重症者が増加し始め、19日遅れで死亡者の増加が見られる。

これらの日間のずれを移動して重ねたものが上のグラフである。7月1ヶ月間の期間では、なり良い一致をしていると見るべきだろう。この期間死亡者数は陽性確認者数の1%程度であった。

したがって、COVID-19感染全期間にわたって死亡者が感染者の1%と仮定してCONVID-19感染者数を推定したものが下のグラフの橙色線である。青色は公表されたPCR検査の陽性者数で何れも週移動平均で示した。

5月末までは両者の開きが大きく、これは第一次と二次の(SARS-CoV-2)の変異の結果死亡率が変わったのか、メディアなどで批判された日本のPCR検査制御の結果、実態より確認陽性確認者が少なく公表されていたせいかはわからない。いずれにしても第二次の方が感染者が多い確証はない。

下のグラフは、公表された全期間の日当たりの死亡者数(青色棒)である。7月以降は、確認陽者数の1%が19日後に死亡するとして試算(赤棒)重ね合わせたものである。8月22日以後はこの仮定での予測値である。

予測値と実際の死亡者数との様子を拡大して下のグラフに示した。

このように、感染確認者数に比べ、第二次では重症者や死亡者数は第一次より少ない。

メディアは、悪いことを強調する傾向が強いが、PCR確認感染者数だけの時系列で実態を把握するのは間違いで、例えば下の新聞記事のように、第一次と第二次の拡張期には重症者数では反対の傾向を示している。

目立つ事件が売りのメディア記事は、正しい総合判断を妨げ、間違った認知バイアスを一般に拡大する恐れを警戒すべきであろう。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。