コンテンツへスキップ

WHOにやっとおほめ頂いた  日本のCOVID-19医療、 死者を防ぐことに成功。 明日から日本のメディア 論調の風向きが変わるかも

2020/07/28

今日まで、日本のメディアは。外国に比べPCR検査が少ないから感染者が少なく見えるだけとの一斉射撃。感染確認者の急増が見られるデータだけを取り上げて警告。

今まで、私のブログに書いてきたように、日本の死者が、感染者の増加にもかかわらず極端に少ない。下のグラフで直近のデータを、加えて再度示す。

下のグラフは、厚生労働省のデータ収集方法が5月7日以前と8日以後で変わった状況でのVOVID-19感染発生当初からのものである。

死亡者の日毎の発生数で見たものが下のグラフで、単日の変動はかなり大きく、メディアニュースの種にされていた。赤線は週間(7日)移動平均である。

7月に入って確認感染者数が増加し始めても死者の日発生数は0の日が目立様になり多くても3名以下である。このような事実はメディアではインパクトがないからか記事にはされていない。

左の記事が出たのを機にメディアの記事やテレビのコメンテータの論調が変わるのでは?

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。