コンテンツへスキップ

COVID-19 世界の感染状況推移

2020/06/09

OWID のデータベース分類の世界を5地域に分けた累積感染者数の推移をグラフにしてみた。上段のグラフは最高値、下段のグラフは国毎の状況。

アジアでは、中国が1月末から感染爆発が見られたが1か月後には感染者増は封じられた。4月半ばの曲線状の増加は、中国やヨーロッパからの既感染地域からの移動者と見られる既感染者からのトルコにおける感染によるもの。ほぼ封じ込めた国とインド、イランなど感染増加中の国々に分かれる。

爆発的増加の始まりは3月初め、5月に入って主な国はほぼ感染を食い止めたがロシアは感染爆発中と見られる。

アメリカ、メキシコはまだ新感染者の封じ込めには至っていない。

感染が始まったのが4月、感染増の爆発中。

この地域では感染が見られてから1ヶ月ほどで、新規感染増はほぼ収束している。

これらの理由を憶測するのはやめにする。やがて研究の結果が論文で見られるであろう。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。