コンテンツへスキップ

COVID-19 世界の人口当たりの確認感染者数と死亡者数の相関

2020/04/24

人口当たりの確認感染者数と死亡者数との相関関係を比べてみた。

特異な相関を示すグループとして、ヨーロッパの感染爆発が起こった国(赤色)が顕著に表れた。この理由の根拠を示すデータは見当たらないが、確かに確認感染者が多い国ほど死亡者率も高い。

しかし、一部で言われている感染者確認検査(PCR)の比率が高い理由で死亡検視記録に感染死亡者が多いのだろうか? 月別病死統計が出れば、死亡原因がConvid-19となっていなくても、重症肺炎や心不全など、他の年度の統計と異なった死亡記録の異常増加として見えてくるであろう。

日本は特にPCR検査確認感染者率は低いが、台湾とともに死亡者率も低い、その原因の科学的な実証確認が必要だろう。

世界の人口 国別ランキング・推移(国連)2019/6/18

https://www.globalnote.jp/post-1555.html

から。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。