コンテンツへスキップ

COVID-19 世界の感染の広がりの始まりと現在の確認感染者数順位

2020/04/21

訂正:昨日の記事 順位並べ替えキーを間違えましたので訂正します。

確認感染者の国際報告。感染者数のデータべース(JHU)に現れた感染者の初めての日と累計確認感染者数が100名以上になった日を表したのが下のグラフである。

表は4月20日に累積確認感染者数の多い方から31番目の日本(国名赤色)までの発生初期段階の状況を塗りつぶし色を付けて表したもので、濃オレンジ色が100名以上の部分である。

このデータベースの初日2020/1/22日から感染者の報告があったのは、アメリカ、中国、韓国、日本、シンガポールだけである。累積感染者数の報告が100名以上に拡大したのは中国以外では韓国、日本、続いてイタリーと日本は2月21日には100名を超えている。アメリカより早い。

日本は、確かに統計的にはPCR検査数の人口に対する割合は諸外国に比べ少ないが、発病者については、感染が国際問題になった当初から報告されていたことが分かる。

本当のことを言わない、知らせない、議論しない、日本の行政や、メディア、そして現役の研究者の研究が紹介されないことの方が問題に思う。

特にメディアは、悪いデータだけをあぶりだせば、不満を持つ人たちの視聴率が稼げるのだろうか? 総合的な事実を根拠にした科学的論理的な記事は残念ながら私には見つけれれない。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。