コンテンツへスキップ

医師が認めた検体検査 行政が拒否するのは医療法違反(人権)ではないだろうか

2020/04/16

幸いに、依然として疫学学会などで原因不明のようだが、日本のCOVID-19死亡者の少なさ。

日本の感染確認検査の少なさは、ヨーロッパ諸国に比べて際立っている(朝日新聞記事)。イギリスとアメリカは目的は違うようだが、やはり政府が意図的に検査を抑制したようだ。

台湾と日本、現在までのところ感染確認検査数は少ないが爆発的感染拡大が起こっていず、死亡者も少ない。この医学的な疑問について世界の研究者の前駆的な論文が出始めたようだ。

日本の緊急事態宣言、「不要不急の外出自粛依頼」これは市民の人権を守り自主判断に期待するすばらしい制度である。ぜひ守りたい。

欧米諸国に見る、軍隊が武器を持って市民の移動を禁止することが出来る法律。これは真似したくない。私は1968年アメリカ・ワシントンDCで夜間外出禁止令に遭いホテルに缶詰め、道路には軍隊のトラックにライフルを持った兵隊を乗せてパトロールしていた状況を思い出す。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。