コンテンツへスキップ

コロナウィルスcovid-19 日本の市民一人一人の衛生習慣が封じ込めに成功か?

2020/03/20

WHOのデータベース2019/3/20日、状況ダッシュボード Novel coronavarus (COVID-19) situationより感染状況を拾ってみました。

https://experience.arcgis.com/experience/685d0ace521648f8a5beeeee1b9125cd

特徴は日本の感染者や死亡者が世界各国の現状に比べ極端に少ないことである。感染者数に関しては、行政の検査数制御の結果であるにしても、感染死者数が少ないことは一応の成果とは言えないないだろうか? 

残念ながら,疑いたくなるのは、現政権の公式記録やデータの破棄、改ざん事件を思えば、死亡原因記録についても改ざんを疑いたくなるが、これは、病気死亡統計の月別(季節)データが発表された時点で過去のデータとの統計分析で異常な季節変化として発見され、隠し切れ無いであろう。

以下に、グラフでその特徴を見てみた。それぞれのグラフは画像コピーによるもので、日付軸および人数軸に違いがあることに注意してください。

上のグラフは、中国と日本の感染確認者数の日変化である。注意して見ていただきたいのは、横軸(人数)のスケールの違いである。例えば上図では中国の最大メモリは2万人、対して日本では100人である。

日本のもう一つの特徴は、クルーズ船の乗員を日本で医療支援を行ったことである。

時系列的に見ると国内での感染はクルーズ船感染者の拡散のように見えるがこれは無いだろう。日本での感染者拡大は別の原因と思われる。

日本と同様に、医療機関の崩壊を防ぐために、健康保菌者の感染検査を制御したイギリスでは、最近になって発症者、死亡者の急増が起こっている。日本は現在イギリスの十分の一以下であるが何時暴発が現れるかは分からない。

感染者検査を大々的にお行った韓国では感染者の収束が見られるが、日本よりは1桁近く多い。

日本は、感染しやすい地理的・経済的な条件にありながら、国内の地域封鎖も行わず、現在まではこのように際立って優秀な成果を続けているが、政権によるデータ改ざんが疑われる事件が多発している現在、世界からも無視されているのは残念である。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。