コンテンツへスキップ

COVID-19 健常者の感染を無理に阻止しないで“群れの免疫効果”による 流行の収束を待つ

2020/03/17

https://www.newscientist.com/

ボリス・ジョンソン記者会見
英国のボリス・ジョンソン首相は、昨日コロナウイルスに取り組むための新しい措置を打ち出した

なぜ英国はコロナウイルスに取り組むために他の国々ほど抜本的かつ迅速に行動を起こしていないのですか?

英国の主任科学顧問であるパトリック・ヴァランスは、戦略の2つの主要な目標を説明しました。

Vallance 、最初の目標は次のとおりであると述べました。「流行のピークを減らし、平坦化し、拡大することで、医療システムに過度のプレッシャーが一度にかからないようにします。」

2番目は、ウイルスが人口全体に広がる間、最も脆弱な人々を保護することです。彼は、このアプローチが人々が病気から回復し、免疫になると群れの免疫を構築するのに役立ち、感染を減らすと述べた。

このスタンスは、各国に「緊急かつ積極的な行動をとること」を求めている世界保健機関(WHO)と対立するように見えます

Read more: https://www.newscientist.com/article/2237385-why-is-the-uk-approach-to-coronavirus-so-different-to-other-countries/#ixzz6Gx5kHFt9

私の感想:

日本の行政による対応は、免疫学的意図があったか無かったかわからないが、現時点で、結果的にはこの方式で成功しているかのように見えるがどうだろう。パニックを回避し、免疫力の虚弱な病弱者や高齢者の医療を確保する環境整備と余力の温存を含め。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。