コンテンツへスキップ

交通事故の致死率で見る日本の安全性 2000年以降世界一

2020/01/23

下のグラフは2000年以降の致死率(死亡事故件数/死傷事故件数%)をOECD加盟主要国について描いたものである。このデータベースからはその原因は不明だが、オーストラリア、フランス、デンマーク、オランダは平均に比べ際立って大きい。

https://stats.oecd.org/

このデータベースではこれ以上分析することは出来ないが、国際的に各国のデータ算出基準を検証し、統一のベースラインになるよう努力しているようだが、国による算定機銃が異なることも考えられる。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。