コンテンツへスキップ

Uber、Lyft、自動運転車はまだ高齢運転者に対する難問の答えではありません アメリカ

2019/11/14

https://www.consumerreports.org/elderly-driving/uber-lyft-self-driving-cars-arent-yet-answer-to-senior-driving-riddle/

Uber、Lyft、および自動運転車はまだ高齢運転者に対する難問の答えではありません

サービスとハイテク車両には欠点があります

2017年6月1日

もう運転できなくなったらどうしますか?自動運転車の実用は、何年も待たなければなりません。さしあたっての解決策は、Lyft、Uber、およびその他の交通プロバイダーを介して携帯アプリをタップするだけで、代行運転者を見つけることが出来るかもしれません。

(ウェブサイト経由で乗車を事前にスケジュールすることは技術的には可能ですが、比較的非実用的です。)

Uberは、北米の12の都市と、北米の23の都市にあるUberASSISTで、UberWAV(車椅子でアクセス可能な車両用)と呼ばれるプラットフォームを提供しています。UberWAVは、車椅子の乗客と油圧リフトまたはランプを装備した車両を使用することとなっています。UberASSISTは、高齢者や運動障害のある乗客に、車の乗降をりを支援するドライバーを提供します。

しかし、現実には。2016年10月、シカゴのAccess Livingと呼ばれる障害擁護団体が連邦裁判所に訴訟を起こし、Uberは障害を持つアメリカ人法で要求されるほぼ同等の交通手段を提供できなかったと主張しました。

シカゴ市長事務所は、6か月以内にLyft、Uber、およびVIAから50台の車椅子でアクセス可能な車両を利用可能にすることで、車椅子でアクセス可能な交通機関の選択肢が大幅に増加したことを発表しました。

LyftとUberは、過去1年にわたり、マサチューセッツ湾交通局のシニアレジデンス、主要な医療システム、さらには準トランジットサービスとの多数のパートナーシップを築いてきました。Lyftは「コンシェルジュ」機能をデビューしました。これにより、選択した介護提供者が高齢者の旅行を予約できます。Uberも、同様のサービスを提供していると言います。これらのサービスは、緊急医療輸送のコストと待ち時間を削減する可能性がありますが、移動が制限されているほとんどの乗客は利用を待つ必要があります。

日本では。農山村地方の実態、

税金をバス会社に支払って、一日数回の定時バス運行、わずか数人の乗客に一般のバス車両、これで高齢者の交通支援になっているかどうかの実態検証も無し。地方の自治体、

これが「高齢者運転免許返納運動の」交通保護の実態。 よそがやっているから と、滑稽だとも税金の無駄遣いとも思わない納税者から無視された自治体交通行政。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。