コンテンツへスキップ

処方薬および市販薬の運転に対する対策

2019/11/14

Countermeasures Against Prescription and Over-the-Counter Drug-Impaired Driving

This report describes prescription and over-the-counter countermeasures related to pharmacy and medical; data recording and toxicology; law enforcement and judicial; and education and advertising.

October 2018

処方薬および市販薬の運転に対する対策

このレポートでは、薬局および医療に関連する処方箋および店頭での対策について説明しています。データ記録と毒物学; 法執行機関および司法機関。教育と広告。

2018年10月

潜在的に運転を損なう恐れのある処方薬および店頭(OTC:処方箋無しで買える薬)薬の影響下で運転することは、公衆衛生上の大きな懸念事項です。このレポートでは、薬局と医療に関連する処方とOTC対策について説明します。データ記録と毒物学; 法執行機関および司法機関。教育と広告。

アルコールが交通安全に与える影響と比較して、他の薬物の影響、特に潜在的に処方薬やOTC薬が安全性を損なう可能性についてはあまり知られていない。これらの薬は頻繁に使用され、運転および運転関連の精神運動スキルを損なうことが示されています。米国のドライバーの最大13%がこれらの医薬品の服用の可能性のある有病率推定値です。

処方薬およびOTC薬の影響下で運転者の有病率を低下させる医療は絶対に必要ですが、現在、運転に影響する問題に対処するための効果的な対策に関する研究が不足しています。

この研究は、処方とOTC薬物障害運転への対策に関する現在の知識を評価することにより、このギャップを埋めるように設計されました。

結果

この研究により、処方とOTCの薬物障害運転に対する約60の特定の対策が特定されました。特定の分野には、患者カウンセリング、処方ラベル、新技術の実装(例:経口液剤検査、電子薬局のプロンプト)、障害のある運転違反に対する法制度全体の調整の強化、既存のデータベースの改良、広告問題も含まれます。

重要な課題の1つは、運転パフォーマンスに対する多くの薬物の特定の効果に関する研究が不足していることです。さらに、特定の薬物の効果の個人差は、特定の薬物または投与量を個人別に適用することを体系的に予測することをさらに難しくします(ポリドラッグの使用でも)。この知識は、対策の効果的な開発と実装にとって非常に重要です。

さまざまな薬の相互作用を区別するために必要な知識を運転者は持っていない可能性があります。

ヘルスケアの専門家、法執行官、司法職員、およびドライバーと密接に関係している他の人は、処方薬およびOTC薬による障害運転の防止に役立ちます。ただし、彼らも問題の重大度を認識していない可能性があり、それに対処するためのリソースが不足している場合があります。

対策はドライバーだけでなく、個人にアドバイスする機会がある他の多くの専門家にも焦点を当てるべきです。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。