コンテンツへスキップ

高齢者の安全運転支援  高齢ドライバーの課題に対応するためにこれまでに無い多くの研究と革新が試みられています

2019/11/10

More research and innovation are being applied than ever before to meet the challenges of senior drivers

https://www.consumerreports.org/elderly-driving/how-seniors-are-driving-safer-driving-longer/

高齢者の安全運転、長期運転 高齢ドライバーの課題に対応するために、これまで以上に多くの研究と革新が適用されています

運転はライフラインです。運転を断念すると人の死亡リスクが高まり、高齢者が養護施設に収容され、うつ病にかかる可能性が高くなります。

老年医学者が「超高齢」と呼んでいる人々の間には運転に適応して人もいます。85歳以上のアメリカ人350万人以上が現在運転免許を持っています。95歳の彼もその一人です、オレゴン州ポートランドの自宅とアリゾナのRVパークとの間を毎年旅行し、フェニックス近くの友人を訪ねてクリベッジを演じています。誰もがこの幸運と良い遺伝子を頼りにできたら素晴らしいと思います。しかし、最終的には、身体的または認知的な制限(またはその両方)により、ほとんどの高齢者が安全に運転することが困難または不可能になります。

運転は、とりわけ、健全な認識と優れた柔軟性を必要とする複雑なタスクです。(首をひねって死角を確認することを考えてください。)

高齢者によく見られる病状、71歳以上のアメリカ人の14%が何らかのタイプの認知症を経験しています。アルツハイマー病は、85歳以上の人口の約3分の1が罹患しています。

また、慢性疼痛、糖尿病性神経障害、視力障害、変形性関節症など、より一般的な多くの医学的状態も運転能力を制限する可能性があります。

鎮痛剤、抗うつ剤、睡眠薬など、病状の治療に使用する薬でさえ、安全な運転を妨げる可能性があります。ある研究では、高齢者のほぼ30%が少なくとも5つの処方薬を服用していました。

固定概念に基づく定義の間違い

高齢化に伴う交通の課題は、高齢運転が特別な脅威を社会に与えていると仮定することで始まります。しかし、データは、この仮定が根本的に間違っていることを証明しています。数十年の統計によると、1マイル(1.6km)あたりの事故率は最年少ドライバー(16〜19歳)で最も高いことが示されていますが、ドライバーが70歳を超えると着実に上昇し始めます。しかしティーンエイギャーほどではありません。

しかし事故による身体的傷害は、高齢者自分自身にとっては危険です。高齢者は身体の脆弱性のために重傷あるいは死亡に繋がりやすいからです。

高齢ドライバーに対する国民の疑念は、事実や研究に基づくのではなく、非臨床的要因である年齢主義に基づいています。「それは主張であり、言葉だけでの思い込みです」*1。

この年齢主義は私たちの法律にまで及んでいます。32の州では、より頻繁に、対面でのライセンス更新、医療承認および視力検査など、年齢に基づいて特別な登録の負担を課しています。メイン州では、ドライバーが40歳に達したら、ドライバーの視力検査が必要です。75歳以上のドライバーは、イリノイ州でライセンスを更新するためにロードテストに合格する必要があります。また、ワシントンDCでは、70歳以上のドライバーは、ライセンスの更新時に医師の承認を得る必要があります。

法律の効果は:

ただし、これらの介入の有効性は限られているようです。2014年のジャーナルInjury Epidemiologyの研究では、85歳未満のドライバーの致命的な運転事故を大幅に削減するポリシーは見出されていないと結論付けています。

しかし、以下の2つのポリシーは、ほとんどの高齢ドライバーの死亡率を大幅に削減しました。免許更新時対面更新要件のない州での追加の視力検査です。研究者は、これらのポリシーが機能上の欠陥のあるドライバーを特定し、それらをさらなるスクリーニング(ライセンスの拒否につながる可能性がある)に参加する機会を提供するために機能すると推測します。あるいは、スクリーニングに合格しない可能性があることを懸念する一部の高齢者は、単に免許を更新せず、運転を中止する場合があります。

医療研究者は、迅速かつ正確な開業医の診断マニュアルを設計することは困難であると証明したと言います。多くの人が加齢とともに視力、認知力、または運動能力の低下を経験しますが、これらの欠陥は大きく異なる割合と程度で発生します。異なった集団を同じ方法でテストすることは無意味です。

老年医学の臨床ディレクターであるワシントン大学の医師でドライバースクリーニングツールを開発しているDavid Carr医学博士によると。「平均的な年配のドライバーは、10%未満の確率でロードテストに失敗する可能性があります」が、失敗率は認知症または脳卒中の患者の方がはるかに高くなります。つまり、年齢に依存するのではなく、有効なスクリーニングツールは、ドライバーの個々の健康とリスク要因を評価することから始める必要があるということです。

米国で、わずか6つの州では、医師が潜在的に危険な患者を州の認可当局と医療諮問委員会に報告することを要求しています。あとの州はそのような報告は任意です。

医学雑誌であるThe Gerontologistの最新の研究では、医師が潜在的に危険な年配のドライバーを報告することを必要とする法律を持つ州とそうでない州で、救急送院率の減少を見つけることができませんでした。

イェール大学の教授兼老年医学者であるリチャード・マロットリ医師は、運転停止について患者に助言を行いますが、一般開業医の負担が過大になる理由を理解しています。その理由は、開業医が患者の擁護者である認識から、彼らは患者の敵になる場合が多いからです。

運転を続けるには

高齢者をより長く、より安全に保つ方法の手がかりは、LongROADと呼ばれる主要な新しい縦断的研究から得られるでしょう。AAA Foundation for Traffic Safetyによって調整された5年から10年のプロジェクトは、米国の5つのサイトで3,000人の高齢者を追跡し、ボランティアは完全な医療記録と運転記録を提出し、インタビューを受け、車両に追跡装置を設置することを許可しました。時間の経過とともに、これらの旅行ログは、研究者に大小の問題に関する洞察を提供するはずです。クラッシュは1日のどの時間に、どの速度で、どのタイプの道路で発生しますか?当時、ドライバーはどの薬を服用していましたか?移動違反は事故を予測しますか?

より長く運転を続けるには

しかし、私たちがすでに知っている方法はたくさんあります。「人々がより長く運転するのを絶対に助けることができます」とコロラドの救急治療室の医師は言います。

自分でできること: に関しては、心血管運動は認知機能低下を遅らせることができ、筋力と柔軟性のプログラムは首の回転や反応速度など、高齢者の運転パフォーマンスを改善できることが研究でわかっています。継続教育プログラムを否定することはできません。(「ドライビングスキルを維持する方法」を参照してください。)

ドライバーのリハビリテーションの専門家に依頼する: ドライバーの能力を評価し、実用的な再トレーニング、適応装置、および適切な運転制限を推奨するように訓練された人と協力することで恩恵を受けることが出来ます。

作業療法士と運転。認定ドライバーリハビリテーションスペシャリスト、リハビリテーション研究所。彼らは年間約1,000人の患者を診ており、そのほとんどは高齢者です。多くは、医師または介護者からの紹介で来院します、何人かは自分で来ます。昨年の冬、彼女のチームは101歳のクライアントを支援しました。

3時間の評価は、神経科医が実施するのと同じ一般的な認知および記憶テストから始まり、徹底的な視覚スクリーニングが続く困難な監査です。

シミュレートされた仮想運転施設では、ビデオによる道路の危険性が示され、多肢選択の質問により、ドライバーの判断と交通ルールの知識が評価されます。ブレーキ装置が反応時間を測定します。評価の最後に、クライアントを路上に連れ出します。

「赤信号を通過し、一時停止の標識を通過し、迷いが起こります」。「より微妙なものは、一時停止の標識で止まるが、左右折時間を失敗しないか、必要のない交差点で止まるかもしれません」。

Journal of the American Geriatrics Societyの2010年の観察研究では、年配のドライバーが中年のドライバーよりも多くのマイナーなエラー(変更路線信号を送らないなど)と危険なエラー(赤信号で停止できない)を犯していることがわかりました。

依頼者は、しばしばプログラムの「成功率」を尋ねます。成功とは、クライアントが運転に戻ることばかりでなく、運転を放棄する方への決断を意味します。しかし,依頼者の内、認知症またはその他の記憶障害のある多くの高齢者は、テスト結果を拒否するか、別の評価を要求します。彼らは懐疑的です。彼らは怒っています。

人生において、例外なく起こること

「この大きな人生の変化には悲嘆のプロセスがあります」。「結果をより早く受け入れる人もいれば、長い間苦労する人もいます。」

シニアドライビングの詳細

シニアドライバー向けの新車トップ25

設計による改善:年配のドライバーのニーズを満たす車を作る

Uber、Lyft、および自動運転車はまだシニアの要求の答えではありません

どのように運転技術をシャープに保つ方法

内容を短縮し、一部を割愛して紹介しました。世界の交通安全研究の最前線の一端です。

*1 昨年アメリカの老年医学協会によって改訂され、National Highway Trafficによって発行された、300ページの証拠に基づくハンドブック、「高齢ドライバーの評価とカウンセリングの臨床医ガイド」。 Clinician’s Guide to Assessing and Counseling Older Drivers

https://www.nhtsa.gov/sites/nhtsa.dot.gov/files/812228_cliniciansguidetoolderdrivers.pdf

           ______________

これを読むと、日本の警察庁の、前世紀からの思い込みによる停止した認識「認知バイアス」と、強権的な交通安全政策の幼稚さが痛感されます。

日本の現状: これらの人生の尊厳と自立性を失う時は、自殺でもしない限り、やがてあなたを含めすべての人に来ることを理解すべきです。警察権力や、社会の差別的な圧力で高齢者の運転放棄を強制すべきものではありません。納税者の味方(高齢購買者?)新聞メディアは世界の先進国の現状を知らしむべき時です。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。