コンテンツへスキップ

医療薬の服用と運転事故リスク 日本の交通安全で無視されている情報

2019/08/16

Tanya MohnContributor 

https://www.forbes.com/sites/tanyamohn/2018/11/30/the-gray-tsunami-older-drivers-their-medications-and-why-it-matters-for-all-of-us/#b26ab724292c

まもなく、高齢者はアメリカで最大の運転人口になります。これらの高齢者のほぼ半数は、アクティブなドライバーでありながら7つ以上の薬物を使用し、5人に1人が回避すべき薬物を使用していると報告されています。

これらは、複数の薬を服用すると高齢ドライバーの衝突リスクがどのように増加するかを強調する新しい研究の主な発見です。この研究は、非営利の研究教育協会ある交通安全のためAAA財団によって水曜日に発表されました。

新しい研究では、高齢のドライバーが複数の薬物を使用すると、衝突リスクがどのように増加するかを詳しく説明しています。

複数の薬剤を使用し、これらの処方が運転に与える影響を認識していない高齢ドライバーの人口が増加しています。この新しい研究は、高齢のドライバーが服用する薬が多いほど、運転障害を引き起こす可能性のある不適切な薬を使用する可能性が高いことを示しています。」

AAA財団は、コロンビア大学とカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究者とともに、AAA縦断的高齢化研究(LongROAD)プロジェクトに参加している約3,000人の高齢ドライバーの投薬報告を評価しました。

研究者は、高齢ドライバーのほぼ20%が「治療効果が非常に限られているか、過度の害をもたらすか、またはその両方」がある可能性があるため、回避すべき薬物を使用していることを発見しました。抗ヒスタミン薬は、視力障害、混乱、疲労、協調運動障害などの障害効果を引き起こすことが知られており、ドライバー事故のリスクを最大300%増加させる可能性があります。

報告によれば、運転能力に影響を与え、衝突リスクを高める、高齢ドライバーが使用する最も一般的に報告されている薬剤には、次のものがあります。

心臓血管の処方:心臓と血管の状態の治療(73%)

中枢神経系薬(CNS)の処方:脳などの神経系の部分の治療。鎮痛剤(非麻薬および麻薬)、覚醒剤、抗不安薬(70%)を含む

以前の財団の調査では、年配のドライバーの18%未満が、処方と運転の安全性との関連について医療提供者から警告を受けたことがあると報告しました。米国保健システム薬剤師協会のデータを引用して、報告書は、高齢者の34%が複数の医師によって薬を処方されており、「それらの処方が使用されている他の薬と相互作用する可能性をチェックする機会を逃している可能性がある」と述べています。

「複数の薬を服用することは私たち全員に影響を与えますが、高齢ドライバーは特に脆弱です」、医療提供者に質問することを恐れないでください。あなたを助けるのは彼らの仕事です。そして答えはあなたの命を救うかもしれません。

準備しましょう:ビタミン、サプリメント、処方薬または市販薬をすべて書き留め、そのリストをすべての医療予約に持ち込みます。

質問をする:薬のリストを各予約時に医療提供者と共有し、潜在的な副作用や運転に影響を与える可能性のある相互作用について尋ねます。

代替案について話し合う:安全な運転との衝突を避けるために、代替薬を服用するか、用量または用量のタイミングを変更することで、リスクを軽減できることがよくあります。

AAAのオンラインリソースもお勧めです。SeniorDriving.AAA.comRoadwise Rxは、処方薬、市販薬、ハーブサプリメントの一般的な副作用、およびそれらの間の相互作用を理解するのに役立つ無料のオンラインツールです。運転の安全性に影響を与える可能性があります

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。