コンテンツへスキップ

交通状態別事故致死率の違い 歩行中が自動車乗車中の7倍も

2019/08/08

e-Stat 警察庁データベースより。

道路歩行がいかに危険かを知らせない警察庁。自動車では乗車中だけ、乗用車の車運転中、また男女別運転事故データを公表しない理由が分からない。意外と少ない自転車死亡事故。

不可解なデータ公表。

日本の乗用車乗車中の交通安全率は世界一、警察庁はなぜ日本人にこれを知られたくないのか。OECD等世界のデータベースでは明らかなのに。

許せない暴挙 日本で30万人の高齢者の運転免許の放棄を誘導したと警察庁 歩行や自転車の死傷事故の増加を分析するデータを隠して

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。