コンテンツへスキップ

EU道路安全ガイドラインの拾い読み 日本に導入すべき分野で

2019/06/11

Citizens’ summary EU road safety guidelines 2011-2020

市民のためのサマリー EU 道路安全ガイドライン

導入: 道路安全は大きな社会問題です。死傷事故による社会のためのコストは、20091で約1300億ユーロ、巨大です。

全ての市民のための持続可能なモビリティを確保することを目指すべき交通政策は、

多くの側面に一貫性のある包括的かつ統合的なアプローチが必要であります。交通安全政策は、他の公共政策の関連と統合するべきであり、その逆もまた同様です。

交通事故の数を減らすための緊急に対処する戦略は、負傷者の応急処置のためと、脆弱な道路利用者の安全性の向上であります。

しかし、道路のユーザーは、道路安全チェーンの最初のリンクです。どのような技術的措置が講じても、道路安全方針の有効性は最終的にユーザーの行動に依存します。

このため、道路ユーザーの教育、訓練、実施が不可欠です。

一方、交通安全システムも人為的ミスや不適切な行動を考慮に入れ、できる限り修正しなければなりません。しかし、ゼロ・リスクは存在しない。したがって、すべての要素、 特に車やインフラは、ユーザーの中で特に最も脆弱なユーザーのために、これらの障害の結果が軽減できるよう、「寛容」でなければなりません。

道路利用者の教育と訓練を改善する

運転免許やドライバーの訓練に関して重要な法律。このような最近の施策の影響は以後数年で測定されるべきで、効果の評価が法律を継続すべきかどうかの見直しの根拠になる。

若い初心者ドライバーに特に焦点を当てて、ライセンスとトレーニングシステムの品質を向上させる必要性は、専門家と公共の間で検討しました。ドライバのトレーニングに関する現在のアプローチは、実際には断片化しすぎており、専門化されています。委員会は、より広範なアプローチを促進し、全体的なプロセスとしての教育と訓練を見ることを提案します,

生涯の「教育連続体制」.被験者と対話による方法で自律性を維持できる教育が必要で、このための教育に妥当なレベルでライセンスのコストを維持する必要性を考慮に入れながら、奨励されるべきです。

ライセンスの発行につながるプロセスに付随する運転の包含.調和した最小要件の導入は、学習に携わる者 (同行者や講師など) についても検討されなければなりません。

運転免許証テスト・運転免許試験は、受験者の知識をチェックすることに制限されるべきではありません。より広範なドライビングスキル、または道路の安全性 (リスクの認識) と自己防衛についても重要です。

ポストライセンスのトレーニング、ドライバーのための継続的なトレーニングは、人口高齢化に従い検討する重要な問題です。

高齢者の運転適性を維持することはますます重要になります。

一方、この分野で可能な行動は 、障害を持つ人と高齢者のモビリティの権利と代替ソリューションの採用を考慮する必要があります。 https://ec.europa.eu/transport/road_safety/sites/roadsafety/files/pdf/road_safety_citizen/road_safety_citizen_100924_en.pdf

以上

オレンジ色の背景部分は日本の政策(警察庁主導)に認識されていない概念と思います。高齢者の「運転免許返上」キャンペーン根拠の無い「迷信」のレベルと思います。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。