コンテンツへスキップ

安全交通の継続的向上に成功している国 運転者を悪者にすることから卒業して

2019/06/01

安全システムの目標と戦略、そして責任の共有

1990年代後半までに、世界で最も業績の高い国のうち2カ国では、パフォーマンスの継続的な向上を維持するには、包括的かつ持続可能なアプローチが必要になると判断しました。

オランダSustainable Safetyおよびスウェーデンの Vision Zero戦略は、道路システムを本質的に安全にすることを目的としていました。

Sustainable SafetyとVision Zeroの両方のアプローチでは、衝突時の衝撃の大きさを軽減して、傷害に対する人間の許容度のしきい値を超えないようにすることが強調されています。Safe Systemとして交通事故で深刻な健康上の損失を最終的に排除するという目標は倫理的な基準でもあります。

この新しいアプローチは現在、それらの間の重要なインターフェースにも対応しています。システムの「設計された」要素、すなわち車両や道路は、人的要素と互換性があるように設計でき、クラッシュが発生する可能性がある一方で、システム全体が危害を最小限に抑えるように設計できる、より良い設計に対する責任は、セーフシステムアプローチの重要な要素です。

持続可能な安全な道路交通システムでは、インフラストラクチャ設計により、本質的かつ劇的に衝突リスクが軽減されます。クラッシュが発生した場合、クラッシュの重大度を決定するプロセスは、重大な怪我をほとんど排除するように調整されます。

安全な交通システムを実現するためには、実際の人間の能力に基づいてシステム設計者が道路システムを設計する明確な責任を与えられ、それによってそれらの発生が防止される限りにおいて、責任に関する私たちの見解の変更が必要予。

スウェーデンの道路交通責任調査委員会(1996)。

https://roadsafety.piarc.org/en/strategic-global-perspective-key-develoments/shift-safe-system

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。