コンテンツへスキップ

 運転事故当事者だけを非難するアプローチ 警察庁だけの主導による交通安全政策、1960年代のヨーロッパの政策に酷似

2019/05/31

のウェブサイトを読んで。

交通安全問題の範囲 安全システムへの移行

成功した多くの国では、継続的な監視、評価、および調査から集められた証拠に基づいて、システム全体の介入パッケージを通じて死傷者の削減が達成されています。通常、4つの広いカテゴリーの介入が、達成された安全性の向上の大部分を担っていました。これらは:

  • 一般的な抑止スタイルによる主要な交通安全行動の実施(例:スピード、アルコール、シートベルト、チャイルドシート、ヘルメット、疲労)
  • 道路環境の安全工学
  • 車両安全性の向上
  • 救急医療システムと道路外傷治療の改善。

効果的な標的プログラムで使用されているエビデンスに基づく介入については多数の文献が作成されています。

歴史的経過

セーフシステムへの認識や社会全体の価値観の劇的な変化(パラダイムシフト)

前世紀の半ば以降、事故死や重傷を排除するというSafe Systemの目標を達成するために、革命的なアプローチが特定されています。それは、事故ドライバーへの唯一の焦点から、最善のアプローチを取り入れて構築するSafe Systemアプローチへのコストのかかる経路をたどります。

「運転事故当事者を非難する」前世紀のアプローチ

1950年代と1960年代には、多くのOECD諸国で急速な自動車化が起こり、それに伴って交通事故死者数と重傷者数が増加していました。当時は、めいめいの単一の事象に注目し、調整されていない、そして証拠となるデータの乏しい機関ユニットが、交通安全管理を主導していた。その結果、政策決定の重点はドライバーにありました。情報と宣伝に支えられて立法の規則と罰則が制定された。経験から、ヒューマンエラーが事故の原因となったことが最も多かったので、道路利用者の意識を高める教育および訓練することが交通安全問題に効果的に対処できると誤って信じられていた。結果は、世界保健機関によって指摘されたように、これらの措置は一般的な支持を提供しますが、死傷者の減少効果を示す証拠はほとんどまたはまったくなかった。個人の責任の役割を強調し、運転事故当事者を非難することは、関係当局が自らの責任を十分に引き受けることを妨げることになります。

介入へのシステムアプローチ

1970年代から1980年代にかけて、安全の介入に関するシステムの見方が明らかになりました。アメリカの疫学者であるWilliam Haddonは、衝突前、衝突後、衝突後の段階のインフラストラクチャ、車両、およびユーザーを含む疾病モデルに基づいて交通安全の体系的な枠組みを開発した。このアプローチの中心は、衝突時の衝撃が人体の許容範囲を超えないように管理することです。これは、システム全体に介入する範囲を広げ、これが進化するのに数十年かかった交通安全対策の大きな変化を支えました。

システム全体の介入、ターゲットを絞った結果、および制度的リーダーシップ

1990年代初頭までに、良好な結果を達成した国々は、死亡や時には重傷を減らすための量的目標を持った行動計画の実施に向かって前進してきたEU諸国のさまざまなグループで達成された削減量を下図に示します

Figure 2.2 Reduction in deaths for different combinations of EU countries since 1970 - Source: ETSC, (2011).

成功した多くの国では、継続的な監視、評価、および調査から集められた証拠に基づいて、システム全体の介入パッケージを通じて死傷者の削減が達成されています。通常、4つの広いカテゴリーの介入が、達成された安全性の向上の大部分を担っていました。これらは:

  • 一般的な抑止スタイルによる主要な交通安全行動の実施(例:スピード、アルコール、シートベルト、チャイルドシート、ヘルメット、疲労)
  • 道路環境の安全工学
  • 車両安全性の向上
  • 救急医療システムと道路外傷治療の改善。

効果的な標的プログラムで使用されているエビデンスに基づく介入については多数の文献が作成されています。ヨーロッパ各国からの参加60機関。

https://roadsafety.piarc.org/en/strategic-global-perspective-key-develoments/shift-safe-system

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。