コンテンツへスキップ

ビジョンゼロ発祥の国スウェーデン ボルボ2013年市販モデルの安全装備

2019/04/25

ボルボ V40 T4 2013モデル、2015年5月納入、本体価格269万円、セーフティーパケージ 20万円、歩行者エアバッグ6万円 決して高級車とは言えないだろう。

高速道路では、画像のようにミリ波レーダーで走行中前後左右後方ブラインドスポットの監視・警告、前方走行車とは自動車間走行時間で追従走行(追突防止)、路線マークをはみ出したときハンドルの振動、自動で走行帯に復帰、市街地では建造物衝突防止自動ブレーキの他カメラによる映像分析から歩行者検知、自動ブレーキによる衝突防止。万が一歩行者と衝突した時、歩行者の頭部をフロントガラスから守る歩行者エアバッグ。残念ながらラウンドアバウト交差点優勢のヨーロッパ信号検知機能は無い。

この間、前方レーダ感知エリアの不具合修正以外、現在まで故障はなく無事故走行で過ごすことが出来た。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。