コンテンツへスキップ

ボーイング737の思い出 1968年アメリカで 各空港離着陸空路で大陸横断

2019/03/22

1967年就航以降50年余り世界に1万機以上売上ているという短距離旅客機(ウイキペディア)。低速でも揚力の大きい離着陸頻繁な路線用の安全な飛行機。

1968年4月アメリカワシントン州のスポケーン飛行場からワシントンDCのダラス空港まで出張しました。モンタナ州の山に挟まれた空港に天候が悪く雲の切れ間にちらちら岩山肌が見える状況の中着陸したのを覚えています。当時は機長が客室に飛行状況を説明するのが普通で、この時は、風が強く着陸できるかどうかわからないがやってみるといった内容のアナウンスがあり左右にゆらゆらしながらそれでも着陸出来ました。ランディングギアを出すときのショックと音に驚き隣席のご婦人に腕をつかまれたことを覚えています。

また、カナダ北西部に出かけたとき、その時は天候がよく小さな空港に目視着陸だっただろうか、滑走路を左下に見ながら旋回一周して着陸したのを記憶しています。着陸したら手押し車で若い女性が機体下の貨物室から荷物を受けとり運んで行くのを見ました。乗降降客があったかどうかは覚えていなが、当時の日本で見る国鉄の秘境の駅のような情景を思い出しました。

航空機事故のニュースで忘れられない記憶の一つ、1988年ハワイで飛行中天井が飛び急激な減圧、客室乗務員の一人が空中に吸い上げれ不明だけでマウイ島に着陸した事件。短距離飛行発着回数の多いこの機種、与圧の度重なる負荷の結果客室の金属疲労による破壊が事故原因と結論付けられました。

今回とよく似た事故では、1988年6月26日、フランスのアブシーム空港でエールフランスのエアバスA320の事故、航空ショーの一環と として超低空低速飛行実演中失速状態になり、それを避けるため自動操縦システムが働き上昇できず前方の森に墜落炎上した画像を思い出した。自動失速防止システムでは、失速の危険を自動検知すると急速下降をして重力の助けを借りて速度を上げることで揚力を回復する装置(アルファプロテクションモード)が働きパイロットの意図とは反対の動きになる。この装置は飛行高度が十分あるときは有効だが下降の余裕がない高度では地面に衝突となる。

アルファプロテクションモードはこれを防ぐため、機体が失速限界に達するとき昇降舵をロックする機能:エクスペディア。

今回の事故では最新機の自動操縦システムのミスの疑いからFAAに調査が入るとのこと。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。