コンテンツへスキップ

個人の尊厳、意思、人格を尊重する社会

2019/03/17

「もう人生を続けたくない」 104歳の豪科学者がスイスで自死

  • 人口透析中止の議論。患者自身の意志や尊厳、苦しみから安らぎを求める望み。それらを厳粛に受け止め援助するのでなく、医療組織や家族の思惑に重点を置いて議論に明け暮れる日本の社会。社会から孤立しての自殺、日本の自殺率は先進社会で少なくないにもかかわらず。
「ふさわしい時に死を選ぶ自由を」 104歳で自死の科学者

オーストラリアの環境・植物学者デイビッド・グドールさん(104)が10日、スイスの医療機関で自らの命を絶った。自死支援団体エグジット・インターナショナルが発表した

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。