コンテンツへスキップ

交通安全管理における知識ベースの交通安全政策立案の欠如。ヨーロッパの研究から。日本ではその概念すら見られない!

2019/03/08

交通安全管理分析における進歩

Advancements in Road Safety Management Analysis

RaffaeleAlfonsiLuca PersiaTripodiAntonino Davide ShingoUsami

概要

交通安全管理(RSM)は、多くの研究が行われてきましたが、主題の複雑さと定量的データ収集の困難さは、それを明確で包括的な理解を困難にします。ヨーロッパでRSMシステムの最も弱い要素は、政策の実施と資金調達、そして知識ベースの交通安全政策立案の欠如です。

資金調達と研究業績測定のための一連の定性的および定量的指標が提案されます。生産性と研究の質および国際共同研究活動の観点は、国の交通安全研究の成果を評価するために使用されます。線形相関がそれほど強くない場合でも、予備的な結果はそれらの間に正の相関を示しています。国は指標すべての総合指数に基づいてランク付けされています。

調査の次の段階では、交通安全の分野の専門家への献身的な調査と各国の業績との関係、および研究と資金に影響を与える可能性がある既存の状況について調査し、指標のフルセットに関するデータを収集しました。

本研究では、道路安全研究の成果を測定する指標の収集を目的として、道路安全研究問題に関連した机上分析の結果を報告します。

指標は、国のパフォーマンスを評価し、比較するために、ベンチマークに使用することができます。実際には、国は、その道路安全研究ユニットの性能を評価し、知識と技術の創造への貢献を測定し、客観的、量的なデータに基づいて意思決定を行うことができます。

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。