コンテンツへスキップ

政府統計の窓口 警察庁の交通事故データは大丈夫だろうか? 

2019/01/25

大丈夫だろうか?政府統計の窓口。

これは警察庁の国際機関向けに公表したデーターベースが基になっていると思われるOECDのレポート。

粉飾データではなかろうか?

警察庁は、相変わらず日本向けには乗用車運転者を悪者扱い、乗用車のみの事故データは公表していない。日本の運転者がこんな安全なレベルに達していることは発表したくないようだ。

メディアも相変わらず警察庁の発表を鵜呑みに書くのみ。

科学的な統計分析ではなく、高齢運転者を交通危害者のように見せる特定のデータをグラフにして差別する。世界の政府あるいは独立系組織の機関報告では見られない特異性。

これは私の妄想であろうか?

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。