コンテンツへスキップ

ニューハンプシャー州では高齢運転者の路上テスト義務化を中止した

2019/01/25

ニューハンプシャー州、高齢運転者のための路上走行試験を義務化

ニューハンプシャー州では、高齢運転者に義務付けられている路上走行テストは1980年代にはじまり、75歳以上のドライバーは5年ごとに免許を更新し、路上走行試験を受けなければならなかった。しかし2011年7月15日をもってこの義務を中止した。

この速報では、ニューハンプシャー州の高齢運転者に対する保険損失の違いを検証し、道路試験が要求された2009-10年と試験を廃止した法改正後の2012-14年を比較する。

衝突事故の請求頻度、器物損傷責任(PDL)および身体傷害責任(BI)、2009~10年にニューハンプシャーで高齢運転者に対して予想されるより高かった、医療費はわずか下がったが、いずれの結果も統計学的に有意な結果は得られなかった。

以要約

No comments yet

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。